本日のFX/株価指数(2018/6/14)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は市場の想定通り米政策金利は利上げ、年内利上げ回数はあと2回→3回の可能性が高まりました。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/6/14)の結果

2018/6/14終値:110.32
トレンド:円安

前日終値からは3pipsの円高でした。 昨日の米政策金利は市場の想定どおり利上げ、声明で年内利上げ回数があと2回になる(あと1回→2回に増える)可能性は高まったことが分かりました。 これを受けて米ドル円は一瞬高騰しましたが110.85あたりですぐに反転し、結局一日通しては「いって来い」に終わりました(※本日朝も円高スタートしているので今のところは「いって来い」というより円高ですね)。 特に円高になる理由はないように思いますので、結果的には「噂で買って事実で売る」ということだったのかもしれませんね。 声明を見て買った人は罠にかかった形になっています(こういう事は頻繁にあるので、私は基本的にファンダメンタルで新規注文は行いません)。

今後の動き

円安材料が出た後に円高に動きましたが、引き続き111.1あたりを目指す円安トレンド想定はキープします。 今朝の円高が先日記事に書いていた110.1~110.2で止まっていて、目先ここはサポートになってくると見ています。 終値で109.4を割った場合にはトレンド転換と判断します。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/6/14)の結果

2018/6/14終値:1.1792
トレンド:ユーロ高

前日終値からは48pipsのユーロ高でした。 前々日のユーロ安を取り換えしてきましたが、何度か記事に書いている「終値で1.180」に届きませんでした。 ユーロ高要因ですが、少し前までイタリア政局不安を材料に国債の売り浴びせが続いていたのですが、そのポジション解消が関係している(売りポジション解消=買い戻すためにユーロ買い)可能性がありますね。

今後の動き

引き続きスタンスは変わらず、「ユーロ高トレンド」「目標は1.188あたり」のスタンスに変更無しです(ただし終値で1.166を割ったらトレンド転換)。 終値で1.180台に乗ってくればユーロ高がよりしっかりしてきそうです。

日経225

前日(2018/6/14)の終値: 22,779円
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは42円の株安でした。 昨日は、日中は再び23,000を目指す動きはありましたが22,925あたりで止まり、米政策金利発表後の声明で追加で下げて終わりました。 株高の流れは続いていますし、再び23,000トライの動きに期待(単なる期待ですがw)したいですね。

NYダウ

前日(2018/6/14)の終値: 25,204
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約110ポイントの下落でした。 昨日は小幅なもみ合いが続いていましたがNY時間から下げ傾向になり、政策金利の声明でさらに下げて終わりました。 週足ではまだ力強い株高傾向ですが、日足では頭打ちしているように見えますね。 引き続き様子見です。

英FTSE100

前日(2018/6/14)の終値: 7688.7
トレンド:-

前日終値からは約7ポイントの下落でした。 引き続き、狭い範囲でのもみ合い中と見ています。

まとめ

昨日は市場の想定通り米政策金利は利上げ、年内利上げ回数はあと2回→3回の可能性が高まりましたが、株価は比較的素直な動き(いったん下落)・為替は一瞬ドル高に動いたもののすぐに反落しむしろ下げ幅を上げて終わりました。 これが一時的な罠なのか、市場が織り込み済みだったのかは後にならないと見えてこないので、自分としては市場の動きについていってテクニカル観点で良いエントリーポイントを狙っていくのみです。

米ドル円:買い
ユーロドル:押し目買い
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)