本日のFX/株価指数(2018/6/18)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します(6/15(金)は用事があり更新できませんでしたので2日分まとめて振り返りたいと思います)。 先週後半は、アメリカ利上げ回数増の可能性アップ・ユーロ圏成長見込みの鈍化・貿易戦争リスク増など影響の大きい出来事が続き相場が右往左往している感があります。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/6/15)の結果

2018/6/15終値:110.32
トレンド:円安

前日終値からは1pipsの円安でした。 6/14(木)は前日記事に書いた110.1を割り109.9あたりまで円高が進みましたがロンドン時間に反転し一日通しては28pipsの円安で終わりました。 6/15(金)は111円を試す動きはありましたがはね返され、もみ合いに終わりました。 短期目線(分足、時間足)で見ると予測が難しい動きをしていますが、日足で見ると利上げ回数増はセオリーどおり円安に動いていることになっていますね。

今後の動き

引き続き111.1あたりを目指す円安トレンド想定は変わりません。 こちらも変わりませんが、終値で109.4を割った場合にはトレンド転換の判断になります。 目先は前日安値(109.9あたり)・高値(110.9あたり)を意識しておきたいです。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/6/15)の結果

2018/6/15終値:1.1607
トレンド:ユーロ安

前日終値からは41pipsのユーロ高でした。 前々日に226pipsの大幅なユーロ安の動きがありましたが、ユーロ圏の経済成長率予想の引き下げ(2.4%→2.1%)と利上げ見込みがなくなった影響で売られたようです。 前日のユーロ高は、前々日の大幅下落の一時的な揺り戻しかと思います。

今後の動き

トレンドはユーロ高→ユーロ安に変更となります。 目標はいまのところは計算上1.147あたりになりますが、本日終値で1.156を割ってくるとさらにユーロ安が加速しそうです。 ここ最近ユーロ高が進んでいましたが、根本的にはユーロ圏の経済は厳しい状況にあり、ここまでのユーロ高は結果的には一時的なものだったのかもしれませんね。

日経225

前日(2018/6/15)の終値: 22,777円
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは54円の株安でした。 前々日も23,000円を目指す動きはありましたがまたしてもはね返されました。 何度もはね返されていると反落の可能性がだんだん高くなってきます。

NYダウ

前日(2018/6/15)の終値: 25,108
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約102ポイントの下落でした。 この日は25,000あたりがサポートになりました。 引き続き様子見です。

英FTSE100

前日(2018/6/15)の終値: 7600.6
トレンド:-

前日終値からは約167ポイントの下落でした。 金曜は大きく下げましたが7,600あたりでサポートされました。引き続き、狭い範囲でのもみ合い中でレンジ下限にいます。 この場面では買ってみて良いと考えますが、レンジを割り込んだら損切り必須です。

まとめ

木・金曜は用事があり相場を見られませんでしたが、既についていけなくなっていますw 早く追いつかねば・・・ 先週後半は、アメリカ利上げ回数増の可能性アップ・ユーロ圏成長見込みの鈍化・貿易戦争リスク増など影響の大きい出来事が続き相場が右往左往している感があります。 大きな流れはドル高・ユーロ安と思われるので、その流れをふまえつつテクニカル観点でチャンスを狙っていきたいと思います。

米ドル円:押し目買い
ユーロドル:戻り売り
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:買い

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)