本日のFX/株価指数(2018/6/22)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 株価は下落継続中、為替は相変わらず方向感がないですね。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/6/21)の結果

2018/6/21終値:109.95
トレンド:円高

前日終値からは38pipsの円高でした。 昨日は東京時間に(昨日記事に書いた)110.6を超えてきて円安傾向が固まるかと思いましたが、ロンドン時間からは流れが一転し円高へ。 持ち合いがかなり狭くなってきていましたが、下方向に抜けたように見えます。

今後の動き

トレンドは円高に変更となります。 目先は109.4を目指す動きを想定し、終値で109.4を割るとさらに円高傾向がしっかりしてきます。 110.3あたりをめどに戻り売りをしていきたいです。

・110.7台(前日高値)で戻り売り
・110.3あたり(ピボット)で戻り売り、上抜けした場合はいったん損切り
・109.4あたり(ピボット)で押し目買いの逆張り、しっかり抜けた場合は損切りし、ここを起点に戻り売り

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/6/21)の結果

2018/6/21終値:1.1603
トレンド:ユーロ安

前日終値からは28pipsのユーロ高でした。 ユーロドルは1.156~1.162間の狭い短期レンジで持ち合いに入っていますね。 昨日は東京~ロンドン時間入りにかけて下値を試しに行きましたが反発し、NY時間では今度は上の壁を狙いに行きましたがこちらもはね返されて終わった一日でした。

今後の動き

中期的にはユーロ安トレンドのスタンスは変わらず、目標は1.147あたりになりますが、今は踊り場に入っていると見ています。 ただ、短期レンジの値幅が狭いので近いうちにどちらかにブレイクすると想定します。

・1.162台で戻り売り、しっかり超えた場合はここで押し目買い
・1.158あたり(ピボット)で押し目買い、しっかり抜けた場合はここで戻り売り

日経225

前日(2018/6/21)の終値: 22,377円
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは69円の株安でした。 昨日は、東京時間午前中に株高が進みましたが、午後から反転しその後は終日下落トレンドが続いた一日でした。 昨日記事でも書きましたが、小手先介入で株高に操作しても、市場からは売り収益の餌にされるだけだと感じます。 今後ですが、下は22,380円あたりにはピボットがあるので押し目買いが狙えるように見え、上は前日高値でピボットもある22,700円台前半では上昇が止められやすいと見ます。 スイングトレードレベルだと下は22,000円近くまで下げる余地があるので、買いで追いかけるのは避けた方が良いように思います。

・22,700円台で戻り売り
・22,300円台後半で押し目買い、しっかり下抜けした場合は損切りし、個々を起点に戻り売りで追いかけ

NYダウ

前日(2018/6/21)の終値: 24,467
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約201ポイントの下落でした。 昨日は日経225と同じような動きでした(東京PMから下落が進行)。 今後ですが、前日安値(24,400あたり)はしっかりしたサポートになると思われ、ここでの押し目買いは悪くないと思います。 一方で、このサポートをしっかり下抜けした場合はかなりの下落が想定されるので(ある程度の収益を狙っていける場面)、今度は売りできっちり追っていきたいと考えています。

英FTSE100

前日(2018/6/21)の終値: 7484.4
トレンド:株安

前日終値からは約87ポイントの下落でした。 昨日は、20:00から60ポイントの下げがありましたが、イギリス政策金利が発表された時間帯でした。 政策金利自体は0.50%据え置きだったのですが前回より利上げ派が一人増えたのがこの時間帯の材料だったように思います。 結局、市場は売りを狙っていただけのような気がします。

まとめ

株価は下落継続中、為替は相変わらず方向感がないですね。 ただ、米ドル円・ユーロドル・日経225・NYダウとも、エントリーポイントは比較的見えている感じなので、チャンスがくれば仕掛けたいと思っています。 あと、ここ最近、繰り返し書いていますが時間帯毎のトレンドをしっかり見極めて入る事も重要かと思います。

米ドル円:戻り売り
ユーロドル:1.156~1.162内で戻り売り/押し目買い
日経225:22,300後半あたりを境に押し目買い/戻り売り
NYダウ:24,400あたりを境に押し目買い/戻り売り
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)