本日のFX/株価指数(2018/7/6)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は為替は引き続き動きが小さく、株価は米・英が持ち直した(とはいっても持ち合いの範囲内ですが)一日でした。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/7/5)の結果

2018/7/5終値:110.65
トレンド:円安

前日終値からは18pipsの円安でした。 昨日もそうでしたが今週は本当に動きがないですね。 昨晩の雇用統計などの数値は予想よりやや悪い結果でしたが全く反応なしです。

今後の動き

スタンスは変わらず、引き続き111.0円ブレイクを試す動きを想定します。 しっかりブレイクした場合、今度はここがしっかりしたサポートになるので強気で押し目買いを仕掛けたいです。 逆にブレイクできずに押し戻される場合は110.3あたりのサポートを想定したいと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/7/5)の結果

2018/7/5終値:1.1690
トレンド:ユーロ安

前日終値からは35pipsのユーロ高でした。 こちらも動きの小さな一日でしたね。

今後の動き

引き続き持ち合いを想定します(レンジは1.170~1.155あたり)。 今は持ち合いの上限あたりにいるので、戻り売りをしてみても良いかもしれません。

日経225

前日(2018/7/5)の終値: 21,675円
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは13円の株安でした。 昨日は、東京時間に下落が進んだもののロンドン時間からは持ち直し、一日通しては若干の株安で終わりました。 スタンスは変わらず、22,000円は強いサポートになるので、ここでの戻り売りのチャンスが来ればエントリーしたいですが、21,700円あたりでまず戻り売りを仕掛けてみても良いかもしれません。 直近、米国-中国間の貿易戦争リスクが高まっていて、両国の経済悪化は日本にも悪影響を受ける可能性が高いので株安材料になり得ると思われます。 下落は21,000円くらいまでは想定していますが、ここに近づいてくると日銀の介入に注意です。

NYダウ

前日(2018/7/5)の終値: 24,340
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約136ポイントの株高でした。 こちらは、東京時間:株安 ロンドン時間:大幅上昇 NY時間:上げ下げ というまちまちな動きでした。 引き続き持ち合い中(24,000~24,500)かと思います。

英FTSE100

前日(2018/7/5)の終値: 7560.1
トレンド:株安

前日終値からは約42ポイントの株高でした。 7600台前半を上抜けしていけるかに注目したいです。

まとめ

昨日は為替は引き続き動きが小さく、株価は米・英が持ち直した(とはいっても持ち合いの範囲内ですが)一日でした。 本日は雇用統計の発表がある事と週末ということで動きがあるかもしれないので注意したいです。
あと、昨日記事では「メキシコペソ円は底を打って上昇に転じた可能性がある」と書きましたが昨日も力強く上昇しました。 この辺りで押し目がつくようであれば買いのチャンスになるかもしれません。

米ドル円:様子見(エントリーするなら押し目買い)
ユーロドル:様子見
日経225:22,000・21,700を境に戻り売り
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)