本日のFX/株価指数(2018/7/13)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日はクロス円が軒並み円安に進んだ一日になりました。 株価は一昨日の大きめな下落を取り返した形になっていますね。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/7/12)の結果

2018/7/12終値:112.50
トレンド:円安

前日終値からは53pipsの円安でした。 一昨日の記事で「ようやくブレイク」と書きましたが、昨日は右肩上がりにドル高円安が続いた一日でした。 一方的な動きなのでエントリーのチャンスはなかったですね。

今後の動き

この二日間は円安に動き続けているので、本日か週末明けあたりからは調整の円高を想定したいです。 目先ですが、112.8あたりにはピボットがありここで円安の動きは止められやすいかもしれません。 今回の円安トレンドは簡単には終わらないと考えられるのですが、上昇を続けていくには調整の動きが不可欠です。 ブレイクの際にはしっかり収益をいただきましたので、次は押し目(大きめな押し目)のチャンスをじっと待ちたいと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/7/12)の結果

2018/7/12終値:1.1669
トレンド:-

前日終値からは4pipsのユーロ安でした。 昨日はもみ合いの一日で特にトピックはありませんでした。

今後の動き

スタンスは全く変わらず、引き続き持ち合い継続との判断になります。 下値ですが1.150あたりはしっかりしたサポートになってくると見ています。 基本スタンスは様子見となりますが、1.150~1.185間で戻り売り・押し目買いを狙ってみても良いかもしれません。 ただ、5月中旬から続いているレンジ相場の値幅がかなり広いので、分が悪いトレードになりやすいかなと思います(なので私は様子見です)。

日経225

前日(2018/7/12)の終値: 22,304円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは311円の株高でした。 昨日は、ひたすらじわじわ株高が進んだ一日で、結局7/11の下落を取り返しきった形になりました。 とはいえ、トレンドがもみ合いであることには変わりなく、21,600~23,000間の広いレンジ内での単なる右往左往かなと見ています。 広いレンジの中でのトレードは丁半博打にしかならない(分の良いトレードができない)ので、引き続き様子見です。

NYダウ

前日(2018/7/12)の終値: 24,894
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約209ポイントの株高でした。 こちらも日経225と同様、一昨日の下落をおおむね取り返す動きになりました。 揉み合いは続いていますのでブレイクするまで様子見が吉かと思います。

英FTSE100

前日(2018/7/12)の終値: 7612.3
トレンド:-

前日終値からは約82ポイントの株高でした。 日経225・NYダウと同じような状況なので特にコメントはないですね。

その他の狙い目

上記で掲載している以外で、直近の狙い目は「ユーロ円」「メキシコペソ円」「トルコリラ円」になります。

ユーロ円は円安ユーロ高が続き、昨日はエントリーのチャンスはありませんでした。130円台半ば~後半まで押すことがあれば買いを狙いにいきます。

メキシコペソ円も昨日はペソ高が続きました。 こちらも5.8円台後半あたりまでの押し目をまって買いを狙いたいです。

もうひとつの狙い目はトルコリラ円になります。 クロス円通貨は軒並み円安傾向なのですが、トルコリラ円だけは真逆ですね。 昨日は一時的に盛り返す場面がありましたが、完全に戻り売りのチャンスになってしまったように見えます。 下落方向としてはかなり綺麗なチャートが形成されてきていて、最安値を更新して下落が加速する可能性は日増しに高まっているように思います。 昨日高値は絶好の戻り売りポイントになっていますが、現時点のレートでのエントリーは損益/収益の割合が良くないので(あと最安値付近ではある程度の買い反発圧力が想定されるので)、これからエントリーするなら下値ブレイクをしっかり待って入るのが良いと考えます。

まとめ

昨日はクロス円が軒並み円安に進んだ一日になりました(トルコリラ円除く)。 株価は一昨日の大きめな下落を取り返した形になっていますね(ただし各株価いずれも、もみ合い相場と見ています)。 クロス円の中では米ドル円とユーロ円が円安トレンドが形成されているようなので狙い目かと思います(他はまだトレンド形成までには至っていないと見ています)。 株価は引き続きトレンドのない右往左往が続いているので、引き続き様子見が吉かなと思います。

米ドル円:押し目買い狙い
ユーロドル:様子見
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見
その他: ユーロ円・メキシコペソ円:押し目買い狙い、 トルコリラ円:下値ブレイクを待って売り

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)