本日のFX/株価指数(2018/8/13)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 前日記事で書いたとおり、ユーロドルが順調に下落しています。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/8/10)の結果

2018/8/10終値:110.93
トレンド:-

前日終値からは24pipsの円高でした。 金曜は、もみ合いながら徐々に円高が進んだ一日でした。 4時間足では8/1からずっともみ合いながらも右肩下がりの動きが継続しています。

今後の動き

8/1からのもみ合いを上下どちらかに抜けるまでは様子見が吉かと思います。 スタンスは変わらず、下抜けしていけば109円割れあたりまでが目標の円高の流れを想定、上抜けすればもみ合いに逆戻りですね。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/8/10)の結果

2018/8/10終値:1.1525
トレンド:ユーロ安

前日終値からは115pipsのユーロ安でした。 金曜は、東京時間午後からユーロ安が加速しましたね。 前日記事で書きましたが、5月終わりから2カ月半続いたレンジをついに下抜けしましたので、ユーロ祭りが始まった(ユーロ安トレンドに入った)と見ます。

今後の動き

スタンスは前日と変わらず、当面は1.120を目指す流れを想定します。 エントリーですが、戻り売り・もしくは小競り合いが続いた際の下抜けを狙いたいです。

日経225

前日(2018/8/10)の終値: 22,196円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは337円の株安でした。 金曜は、朝からNY時間の終わり近くまでひたすら売られた一日でした。 米中問題で中国株の下落が続いていて、その影響を受けているのではないかと思います。 前日は大きく下げましたが、広いレンジでは21,600~23,000間のもみ合いが継続中なので、安易な反発狙いの買いはケガするかもしれません。

NYダウ

前日(2018/8/10)の終値: 25,333
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約159ポイントの株安でした。 金曜は、日経225と同様に一日通して売られ続けました。 まだ決め付けるには早いですが、株高の流れは若干怪しくなってきたかなと思います。 様子見ですかね。

英FTSE100

前日(2018/8/10)の終値: 7641.4
トレンド:-

前日終値からは約85ポイントの株安でした。 金曜は、株価全体的に下げています。 レンジ抜けの攻防があるか期待していましたが、もみ合いに逆戻りですね。

その他の狙い目

・トルコリラ円
前日記事では「短期的には行き過ぎなので、目先は多少の反発はあると思われる」と書きましたが、さらに下落が進んでいます。 トルコ大統領の強硬な姿勢が嫌気されているようです。今朝は15円台まで窓を開けて市場が始まっていますが、短期的にはやはり行き過ぎと思われます。 ついに一部のニュースでトルコリラ安が報道されはじめていますが、底が近くなってきているかもしれません(悲観ムードがピークになった時が買いのチャンス)。

・メキシコペソ円
こちらもトルコリラ同様に続落していますが、スタンスは変わりません。 (トルコリラは政局懸念が根深いので安易な買いは狙いに行けないのに対し)メキシコに関しては現状大きな懸念材料は見当たらず、下落の場面は良い押し目になると考えています。 そもそも、メキシコペソ円は6/15を底に強烈な反発上昇を続けてきましたので、むしろちょうど良い調整場面かと思っています。 ただし、調整がどこまで進むかは現時点では分からないので、反発の動きをしっかり確認してから買いエントリーしたいところです。 私は、メキシコペソ円はそもそも長期保有によるスワップポイント狙いとして良い通貨ペアと考えているので、多少「塩漬け上等」で仕掛けていくつもりです。

まとめ

前日記事で書いたとおり、ユーロドルが順調に下落しています。 株価は全面的に株安が進み、やや暗雲立ち込めた感がありますので、今後の動きに要注目です。

米ドル円:様子見
ユーロドル:戻り売り
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)