本日のFX/株価指数(2018/8/14)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 株安は昨日も続き、為替は昨日はあまり動きがありませんでした。 トルコ問題が前日より色々なところで取り上げられるようになってきましたね。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/8/13)の結果

2018/8/13終値:110.70
トレンド:-

前日終値からは11pipsの円高でした。 昨日は、東京時間に110.1付近まで円高が進みましたが、その後ロンドン時間に反発し、一日通しては小幅な円高に終わりました。 引き続き、日足ベースではトレンドは見えないものの、4時間足レベルでは値幅を維持しながら徐々に円高が進んでいます。

今後の動き

引き続き、大きな動きは8/1からのもみ合いを上下どちらかに抜けるまでは見えてこない感じです。 短期的に仕掛けるなら、4時間足をベースにもみ合いの上値とピボットが重なる(かつ、昨日はね返された高値でもある)110.9台で売りを仕掛ければ50pipsくらいは取れるチャンスがあるのではないかと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/8/13)の結果

2018/8/13終値:1.1407
トレンド:ユーロ安

前日終値からは3pipsのユーロ安でした。 昨日はひたすら小競り合いの一日でした。 ユーロ安の継続を期待していましたが、早くも小休止でちょっと拍子抜けですw

今後の動き

スタンスは前日と変わらず、中期的には1.120を目指す流れを想定します。 エントリーですが、(これも前日と変わらず)戻り売り・もしくは(現在続いている)小競り合いの下抜けを狙いたいです。

日経225

前日(2018/8/13)の終値: 22,196円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは152円の株安でした。 昨日は、東京時間に250円を超える株安が進み22,000円を割る場面がロンドン時間の途中まで続きましたが、その後やや持ち直して終わりました。 昨日記事で「安易な反発狙いの買いはケガするかも」と書きましたが、その通りの流れでしたね。 それにしても、中国問題やらトルコ問題やら、本当に日本株は弱っちいですよね。 引き続き、広いレンジでは21,600~23,000間のもみ合いが継続中ですが、22,000円はサポートラインとして機能するように見えますね。

NYダウ

前日(2018/8/13)の終値: 25,210
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約123ポイントの株安でした。 昨日は、上げ下げしながらも終値では株安になりました。 現状のチャートの形だと目先の動きが読めない(昨日より分かりにくくなった)ので、様子見が吉かと思います。

英FTSE100

前日(2018/8/13)の終値: 7621.1
トレンド:-

前日終値からは約20ポイントの株安でした。 昨日は窓を開けて始まり、あとはもみ合いの一日でした。 「くりっく株365」のFTSE100は値動きが穏やかで配当もあり良い中長期投資先だと思っているので、もう少し押しがでたら買いたいのですが・・・今は引き続き様子見です。

その他の狙い目

・トルコリラ円
前日・前々日記事で「短期的には行き過ぎ」と書きましたが、昨日はもみ合いの一日でした。 相変わらずトルコ大統領のイカレた発言は微塵もぶれずに続いていますがw、中銀はまっとうな発言をしているので動きが留まっている印象です。 昨日はニュース報道がさらに増えてきましたが、正直「何をいまさら」という感じですw ごく一部のメディアでは「トルコ破綻か」などいいかげんで無責任なコメントも目にしましたが(だから「マスゴミ」なんて言われるんですよね)、悲観ムードがさらに高まってくると底値探りに妙味が出てきます。 もしかしたら既に底にいるのかもしれませんが(一般新聞紙やYahooニュースのトップにも出てきましたし、という事はこれ以上の暴落にはもう行かないかも)、こればっかりは後にならないと分からないんですよね・・・

・メキシコペソ円
こちらもトルコリラ同様、昨日はもみ合いでした。 スタンスは全く変わらず、(トルコリラは政局懸念が根深いので安易な買いは狙いに行けないのに対し)メキシコに関しては現状大きな懸念材料は見当たらず、下落の場面は良い押し目になると考えています。 そもそも、メキシコペソ円は6/15を底に強烈な反発上昇を続けてきましたので、むしろちょうど良い調整場面かと思っています。 ただし、調整がどこまで進むかは現時点では分からないので、反発の動きをしっかり確認してから買いエントリーしたいところです。 私は、メキシコペソ円はそもそも長期保有によるスワップポイント狙いとして良い通貨ペアと考えているので、多少「塩漬け上等」で仕掛けていくつもりです。

まとめ

株安は昨日も続き、為替は昨日はあまり動きがありませんでした。 トルコ問題が前日より色々なところで取り上げられるようになっていますが、そういう点では(新興国通貨の)底は近いかもしれませんね。

米ドル円:様子見
ユーロドル:戻り売り
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)