本日のFX/株価指数(2018/8/15)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 トルコ問題で荒れた株安は昨日は落ち着きを戻して反発しました。 為替は、米ドルは方向感がさらになくなり、ユーロドルは想定通り下落が進んでいます。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/8/14)の結果

2018/8/14終値:111.13
トレンド:-

前日終値からは43pipsの円安でした。 昨日は、トルコ問題で荒れた株式市場が落ち着きを戻して上昇した影響か、ドル高に推移した一日でした。 結果的に、8/1から続いていたフラッグ型のトレンドラインは上抜けし、再び方向感の無いもみ合いに戻った形です。 昨日記事では「110.9台のピボットでは戻り売りのチャンスがあるのでは」と書きましたが、このピボットは機能せずあっさり抜けていきましたね。

今後の動き

昨日の動きで、目先の動きが見えなくなりました。 8/1の高値(112.15)を上抜けするか、8/13の安値(110.11)を下抜けするか、様子見したいと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/8/14)の結果

2018/8/14終値:1.1338
トレンド:ユーロ安

前日終値からは69pipsのユーロ安でした。 昨日は、ロンドン時間の前半まではもみ合いが続きましたが、その後ユーロ安が進んで終わりました。 8/13の記事で「ユーロ(売り)祭りが始まる」と書きましたが、想定通り継続中です。

今後の動き

スタンスは変わらず、中期的には1.120を目指す流れを想定します。 エントリーですが、戻す場面・小競り合いが続く場面があれば売りを狙っていきたいです。

日経225

前日(2018/8/14)の終値: 22,327円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは283円の株高でした。 4営業日連続で500円くらいの株安が進んでいましたが、昨日は反発の一日でした。 昨日記事に書いた「22,000円はサポートラインとして機能するように見える」は機能しましたね。 引き続き、広いレンジでは21,600~23,000間のもみ合いが継続中です。

NYダウ

前日(2018/8/14)の終値: 25,294
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約84ポイントの株高でした。 昨日は、上げ下げはありましたが一日通しては株高で終わりました。 8/7の高値(25,659)を超える動きがあるか様子見します。

英FTSE100

前日(2018/8/14)の終値: 7614.3
トレンド:-

前日終値からは約7ポイントの株安で、昨日ももみ合いの一日でした。 特にコメントはないですね。

その他の狙い目

・トルコリラ円
今週は記事で「短期的には行き過ぎ」と書き続けてきましたが、ようやく昨日は反発がありました。 15円台が底になるか、もう少し様子見します。

・メキシコペソ円
トルコリラにつられて下げたメキシコペソですが、やはり力強く反発してきました。 私は過去記事に書いたとおり、ちょこちょこ買いを入れていますが、この先だと押し目を付ける場面があれば買って良いのではないかと思います(もし5.80付近まで下げる場面があれば絶好のチャンスですが、もうちょっと高いところでも良いかも)。

まとめ

トルコ問題で荒れた株安は昨日は落ち着きを戻して反発しました。 為替は、米ドルは方向感がさらになくなり、ユーロドルは想定通り下落が進んでいます。 全ては紹介しきれていないですが、(米ドル円は除きますが)為替はのきなみトレンドが出ているので今週はエントリーしやすい状況になっています。 チャンスを待って今週・来週でしっかり稼いでいきたいところです。

米ドル円:様子見
ユーロドル:戻り売り
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)