本日のFX/株価指数(2018/8/22)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は3営業日連続の「米ドル安」「ユーロ・ポンド・豪ドル高」が進んだ一日でした。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/8/21)の結果

2018/8/21終値:110.25
トレンド:-

前日終値からは20pipsの円安でした。 昨日は、NY時間(深夜1:00頃)まで円安が進み110.5台まで伸びましたが、ここをピークに円高に反転し、一日通しては小幅な円安に終わりました。 方向感の読めない動きが続いていて、エントリーは難しいように思います。

今後の動き

特にスタンスは変わらず「現在は方向感なし」です。 もう一声円高が進めば円高トレンド入りと判断しても良いかもしれません。 引き続き様子見ですね。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/8/21)の結果

2018/8/21終値:1.1569
トレンド:-(ユーロ安トレンドは終了?)

前日終値からは88pipsのユーロ高でした。 昨日は、一昨日のロンドン時間後半から引き続き、ユーロ高が進みました。 昨日記事で書いた「1.15台は強い抵抗線になる」は、その通りに東京~ロンドン時間の間もみ合いの攻防が続いたものの、NY時間に上抜けして終わりました。 これで5/28頃~8/9まで続いたレンジ相場に再び戻り、ユーロ祭りかと思われたユーロ安トレンドは2週間もたずに終わってしまったかもしれません。

今後の動き

再び1.151~1.184あたりの範囲内でのもみ合いを想定します。 現在はもみ合いの下限近くになるので、1.151付近まで下げることがあれば押し目買いを狙いたいです。

日経225

前日(2018/8/21)の終値: 22,231円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは73円の株高でした。 昨日は、NY時間のクローズ前までは株高が着実に進んでいましたが、終盤に売りが入って終わりました。 米中に右往左往させられながらも、チャートの形ではもみ合い継続中となっています。 様子見が吉かと思いますが、レンジの上値は23,000円あたりで揃っているので、この先ここに近づくことがあれば売りを仕掛けてみても良いかもしれませんね。

NYダウ

前日(2018/8/21)の終値: 25,800
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約45ポイントの株高でした。 こちらも日経225と同様、NY時間の終盤までは順調に100ポイントを超える株高が進んでいましたが、終盤に下げて終わりました。 株高トレンドは継続中です。 トランプ政権・貿易など懸念材料は常にあり、今週、大きく下げる場面はありうると思うので、そのチャンスを狙っていきたいですね。

英FTSE100

前日(2018/8/21)の終値: 7543.2
トレンド:-

前日終値からは約38ポイントの株安でした。 日経225・NYダウが上昇したなか、こちらは「売り→戻り→売り」が続いた一日でした。 引き続き、7,420あたり~7,800あたりの間でもみ合い継続中です。

その他の狙い目

・トルコリラ円
昨日記事で書いたとおり、トルコは昨日から今週末まで休日のため材料が出にくくなっていることもあり、動きはほとんどありませんでした。 今週末までは動きが少ないかと思われます。

・メキシコペソ円
昨日ももみ合いの一日でした。 スタンスは全く変わらず、メキシコペソについては円高場面は狙い目と考えていますので「押したら買って、戻ったら売る」の繰り返しで臨んでいます。 私はやや変則的なやり方ですが、「レバレッジ1.5倍以内厳守で中長期保有を意識したポジションを取りつつ、含み益がある程度出てきた場合は利確」という戦法で収益を積み重ねていっています。

まとめ

昨日は3営業日連続の「米ドル安」「ユーロ・ポンド・豪ドル高」が進んだ一日でした。 トランプの米ドル安圧力発言が強くなってきている影響で、為替市場の流れが変わってきている可能性がありますね。 株価は相変わらず難しい動きが続いています。 新興国通貨では、メキシコペソを引き続き狙っていきます。

米ドル円:様子見
ユーロドル:押し目買い
日経225:様子見
NYダウ:押し目買い
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)