本日のFX/株価指数(2018/8/30)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は、この記事ではあまり取り上げていませんがポンド急騰が印象的な日で、リスク選好の流れで米ドルや株価も上げた一日になりました。

米ドル円(USD/JPY)

日足

8/29終値は111.66で、前日からは48pipsの円安でした。 7月下旬から続いているフラッグ型の流れを8/23に上抜けし、今週は横ばいの動きが続いていましたが、8/10高値(112.15)超えを目指す方向に動きましたね。

30分足

昨日は、ロンドン時間の終盤までもみ合いが続いていましたが、英EU離脱協議の中での要人発言が好感されポンドが急騰し、リスク回避の流れからか米ドル・ユーロも買われたようです。

今後の動き

円安方向は8/10高値(112.15)超えが目標に、円高方向は日足チャートで引いているフラッグのライン(111.6あたり)がメドになってくると見ます。 昨日のドル高が一時的なものなのか続伸に繋がるのかは何とも言えないので、動いた方向に合わせて対応していきたいと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

日足

8/29終値は1.1705で、前日からは13pipsのユーロ高でした。 日足上では昨日から変化なく、もみ合いレンジの真ん中あたりに位置しています。

30分足

昨日は、ロンドン時間の終盤まではユーロ安の流れが続いていましたが、米ドル円のところでも書いたEU離脱協議での要人発言が好感され(ポンドが急騰)、ユーロもリスク回避の流れで買われた結果、一日通しては「いって来い」になっています。

今後の動き

今はレンジの真ん中あたりでチャートの形も綺麗ではないので、流れが見えてくるまでは様子見が吉かなと思います。 週レベルでは、引き続き日足チャートで見られるレンジ(1.151~1.184)内でのもみ合いを想定します。

日経225

前日(2018/8/29)の終値: 23,008円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは215円の株高でした。 昨日は、23,000円を目指すもみ合いが続き、終値で23,000円に乗ってきました。 また、今朝は窓開け23,050円あたりスタートしていますが、すぐに23,000割れまで押し戻されていて、やはりしっかりした抵抗線になっています。 引き続き、もう少し23,000円超えの攻防は続くと想定し、明確に抜けるまでは戻り売り・利確を何度か狙っていけるのではないかと思います。

NYダウ

前日(2018/8/29)の終値: 26,147
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約62ポイントの株高でした。 昨日はもみ合いながらも上昇が続き、最高値更新が近くなってきました。 本日は様子見ですね。

英FTSE100

前日(2018/8/28)の終値: 7563.2
トレンド:-

前日終値からは約46ポイントの株高でした。 日経225やNYダウが伸びている中こちらは元気がないですね。 引き続き、7,420あたり~7,800あたりの間でのもみ合いが継続中です。 願わくば、個人的にはレンジを下抜けして大きな調整が入ってくれると買いたくなるのですが・・・

その他の狙い目

・トルコリラ円
昨日は、一昨日から一段の円高が進み17.2台です。 昨日の動きは、主要通貨に資金が流れた結果の新興国通貨安に感じます。 引き続き、目先は17円台を守れるかが目先のポイントになってきます(ここを守り切れないと、再び史上再安値を目指す流れになってしまう)。
ところで少し話が変わってしまうのですが、現在のレートはスワップ狙いの中長期投資(外貨預金的な運用)にベストなタイミングにきているように感じます。 レバレッジ1倍で買うと1万通貨保有に必要な証拠金は172,000円で、現在のスワップが変わらないとすると1年で得られるスワップは32,850円(ヒロセ通商のLION FXを利用する場合)、年利19%です(為替レートが変わらなかったら10年ちょっとで元本が3倍になる計算)。 17円台の攻防を見届けた後、長期保有前提でポジション買いを考えたいと思っています。 現在の政権(大統領)は心もとないのですが、国自体は経済は上向き成長中だし国民の平均年齢も若い有望な国なんですよね。

・メキシコペソ円
昨日は、もみ合いが続きながらも一時は5.80台まで円高が進みました。 しかしNY時間に入り反発し5.9台までしっかり戻した一日になりました(トルコリラ円と違い、こちらは政治的なリスクがトルコよりは少ないので、下げると値ごろ感から買われやすいことはあると思います)。 毎日同じ事を書いていますが(汗)、今回の押し目もありがたく戴くことができました。 引き続き、押し目を狙って手動リピート注文を継続です。

まとめ

昨日は、この記事ではあまり取り上げていませんがポンド急騰が印象的な日で、リスク選好の流れで米ドルや株価も上げた一日になりました。 株価は節目(日経225は23,000円、NYダウは史上最高値)が近づき要注目ですね。

米ドル円:様子見
ユーロドル:様子見
日経225:戻り売り
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)