本日のFX/株価指数(2018/9/3)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 金曜は為替・株価ともまちまちな動きでした。

米ドル円(USD/JPY)

日足・30分足

8/31終値は111.09で、前日からは8pipsの円安でした。 金曜は、東京時間は穏やかでしたがロンドン時間に入り円高が加速、今まで何度も抵抗線になっていた111.9台を下抜けしたのですが再び111円台に戻ってきて終わりました。

今後の動き

目先ですが、引き続き110.9~111.0あたりをはさんだ攻防を想定します。 円安メドはMAX111.8あたりで、この範囲でのもみ合いを想定したいと思います。 111.9台の抵抗線は引き続き強いようなので、押し目買いを狙っていきたいですね。

ユーロドル(EUR/USD)

日足・30分足

8/31終値は1.1606で、前日からは59pipsのユーロ安でした。 金曜は、東京時間は小幅なユーロ高で推移しましたがロンドン時間からは売られた一日になりました。 ここ最近は不規則な動きが続いていますが金曜の動きも読みづらかったですね。

今後の動き

日足チャートを見ると、8/16からの右肩上がりの動きの中でちょうど2回目の押し目が付いた形になっています。 したがって、ここから再び上昇して前回高値(1.173台)を超えてくればレンジ相場の上限(1.184あたり)を目指す動きが想定されます。 逆に前回高値を超えられなければレンジ相場の下限を目指す流れになることが想定されます。 要は現時点ではどちらを目指すかは五分五分なので、上昇/下落の攻防の戦局が見えてくるまでは様子見が吉かなと思います(汗)。

日経225

前日(2018/8/31)の終値: 22,816円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは122円の株高でした。 金曜は、東京時間の終盤にかけて22,900円近くまで株高が進みましたがここで頭打ち、その後はもみ合いで終わった一日でした。 前日記事でも「基本は売り(戻り売り)が分が良さそう」と書きましたが、本日も引き続き戻り売りを軸に攻めるのが良いかと思います。

NYダウ

前日(2018/8/31)の終値: 26,017
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約7ポイントの株高でした。 金曜は、下げては戻しを3度繰り返し、一日通してはほぼ変化無しでした。 この記事では週足と30分足のみ掲載していますが、日足では綺麗な押し目を付けている形なので、史上最高値を目指す流れはまだ切れていないかと思います。 昨日に引き続き、本日も様子見ですね(天井の形を作るか最高値をブレイクするかを待ち)。

英FTSE100

前日(2018/8/31)の終値: 7434.5
トレンド:-

前日終値からは約56ポイントの株安でした。 一昨日に続き、昨日も窓開け下落が進んだ一日になりました。 日足のレンジ下限(7,420あたり)を下抜けしそうでしたが、少し反発して終わっています。 もみ合いが長く続いているので簡単に下抜けはしないかなと思いますが、今週は攻防に注目したいです。

その他の狙い目

・トルコリラ円(日足)
昨日はやや持ち直しました。 ここから上昇すると2番底を付けた形になって上昇トレンド入りも見えてきますが、19円台をしっかり超えていく必要がありハードルは高そうに見えます。

・メキシコペソ円(30分足)
金曜は、これまで強いサポートになっていた5.80を割って下落が進んだものの、再び5.8台に戻して終わっています。 引き続き、「下げたら買い、上げたら売り」の手動リピートで稼いでいきたいとおもいます。

まとめ

金曜は為替・株価ともまちまちな動きでした。 明確なトレンドが出ている通貨ペアがないので、トレードするなら抵抗線を意識したエントリーを探していきたいと考えています。

米ドル円:様子見(111.0をはさんで伸びた方向に追従)
ユーロドル:様子見
日経225:戻り売り
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)