本日のFX/株価指数(2018/9/6)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は、為替はポンドの急騰が印象的な一日で、イギリスのEU離脱に関する報道内容が好感されての急騰だったようです。

米ドル円(USD/JPY)

日足・30分足

9/4終値は111.51で、前日からは4pipsの円安でした。 昨日は、22時頃に111.7台半ばまで円安が進みましたがここで頭打ち、昨日記事でも書いた111.5あたりに戻して終わっています。 111.5の水平線は抵抗線・支持線としてはそれなりには機能しているものの、ここを超えても円安が加速しなかったのは想定通りではなかったですね。

今後の動き

目先ですが、円安方向は112円をしっかり超えてくれば8月に入ってからのフラッグ型のロスカットで円安が加速することを想定したいと思います。 一方で、円高方向は今週何度かサポートになっている110.9が最初のメドに、その先は7月以降サポートされてきた110.7が次のメドになりそうです。 これらの水平線は比較的しっかり機能しているので、このラインを軸に逆張り・ブレイク狙いを狙っていくのが基本戦略になるかと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

日足・30分足

9/5終値は1.1628で、前日からは47pipsのユーロ安でした。 昨日は、ロンドン時間までは1.1585あたりを中心にもみ合いが続いていましたが、22時頃にイギリスのEU離脱に関する報道が好感されポンドが急騰した影響かユーロも買われて終わりました。 昨日記事でユーロ高メドとして書いた1.1625あたりでは一度止まりましたが、そこも少し超えたところにいます。

今後の動き

現在はユーロ高方向に推移していて、ユーロ高方向は8/28高値の1.1735を目指す流れを想定します。 日足レベルでは(前日・前々日記事とコメントは変わりませんが)8/16からの右肩上がりの動きの中でちょうど2回目の押し目が付いた形になっています。 したがって、ここから再び上昇して前回高値(1.173台)を超えてくればレンジ相場の上限(1.184あたり)を目指す動きが想定されます。 逆に前回高値を超えられなければレンジ相場の下限を目指す流れになることが想定されます。 要は現時点ではどちらを目指すかは五分五分なので、上昇/下落の攻防の戦局が見えてくるまでは様子見が吉かなと思います。

日経225

前日(2018/9/5)の終値: 22,521円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは188円の株安でした。 ちょっと調整にしては深くなってきましたね。 米中貿易問題が解決の進展なく、秋に向けて中国の経済指標にさらに悪影響を与える可能性を考えると景気の良い流れは考えづらく、それらが織り込まれているのかもしれませんね。

NYダウ

前日(2018/9/5)の終値: 25,972
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約13ポイントの株安でした。 昨日も、先週金曜からもみ合いが続いていますね。  昨日に引き続き、天井の形を作るか最高値をブレイクするか様子見ですね。

英FTSE100

前日(2018/9/5)の終値: 7397.6
トレンド:-

前日終値からは約49ポイントの株安でした。 昨日記事まで、もう少しもみ合いの動きを想定していたのですが、意外とあっさり下抜けしてきました。 3.5か月ものもみ合い期間とレンジ値幅を考えると7,100あたりまでの下落は想定できますね。 ここは売りでついていきたいと思います(レンジに戻ってしまった場合は損切り)。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(日足)
今週は月火水と小幅なもみ合いが続いています。引き続き、ここから上昇すると2番底を付けた形になって上昇トレンド入りも見えてきますが、19円台をしっかり超えていく必要がありハードルは高そうに見えます。

・メキシコペソ円(30分足)
昨日は、ロンドン時間に入るまでは引き続き下落が続いていたものの、米国との交渉状況が好感されたか力強く持ち直した一日になりました。 本日以降ですが、再び5.80を回復できるか、もしくは再び下落再開かに注目したいと思います。

まとめ

昨日は、為替はポンドの急騰が印象的な一日で、イギリスのEU離脱に関する報道内容が好感されての急騰だったようです。 株価は調整が進んだ一日になり、特にFTSEは3.5カ月ほど続いたレンジを下抜けしたように見えます。 中間選挙に向けトランプ大統領の言動が目立っていますが、貿易問題の影響はこの先多少は出てくる事が考えられるので、この先チャンスが出てくるかもしれませんね。

米ドル円:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
ユーロドル:様子見
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:売り

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)