本日のFX/株価指数(2018/9/13)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 為替・株価ともに、昨日は動きの読みづらい一日になっています。 その中、本日注目したいのはメキシコペソと豪ドルですね。

米ドル円(USD/JPY)

日足・30分足

9/12終値は111.24で、前日からは34pipsの円高でした。 昨日は、8月初旬からのもみ合いレンジ上限(111.75あたり)近くからのスタートでしたが、一日通して円高に推移しています。 ただ値幅が小さく、絶好のエントリーチャンスはなかった感じでしょうか。

今後の動き

昨日に引き続き、目先は直近高値(111.75)安値(110.38あたり)を意識したいです。 基本はこの間での逆張り、明確に抜けたら日足の2つの水平線(最上段・最下段)を意識してエントリーしていきたいと考えています。

今週の予想レンジ:110円~112円(MAX109円台後半~113円)

ユーロドル(EUR/USD)

日足・30分足

9/12終値は1.1624で、前日からは21pipsのユーロ高でした。 昨日は、ロンドン時間までは30pips程度の狭い値幅でのもみ合いが続いていましたが、NY時間から一気にユーロ高に動き先週から何度か止まっていた1.165で少し反発して終わっています。

今後の動き

昨日とスタンスは変わりません。 目先ですが、まずは引き続き1.165、1.157、1.153の水平線を意識していきたいです(特に1.153は日足レベルでも重要なサポートになりそうです)。 日足レベルでは引き続きもみ合い継続中の認識です。

今週の予想レンジ:1.15台前半~1.16台半ば(但しレンジ下抜け時はユーロ安加速)

日経225

前日(2018/9/12)の終値: 22,649円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは71円の株高でした。 昨日はなかなかアップダウンのある一日になっています。 米中問題の報道で右往左往している感がありますが、「米国側が中国に協議の再開を呼びかけた」とかそのレベルの報道で良くもまあ動きますよねw 売り買いの材料を探しているだけかもしれませんが。 こんな感じで、いつどっちに動くか全く読みようがないので様子見が吉かと思います。

NYダウ

前日(2018/9/12)の終値: 26,014
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約13ポイントの株高でした。 昨日は、NY時間の前半に米中協議報道の影響で動きがありましたが、それ以外は値動きのおとなしい一日になっています。 ヒゲは下に出たり上に出たりはありますが、日足で見ると先週からずっと横ばいが続いているのが見えますね。 様子見継続です。

英FTSE100

前日(2018/9/12)の終値: 7294.1
トレンド:下落

前日終値からは約16ポイントの株高でした。 昨日・一昨日記事で戻りの気配がありそうな事を書きましたが、その通りに若干ですが戻してきました(ただ、戻りとしてはまだ弱いです)。 引き続き、MAX7,100あたりまでの下落を想定しつつ、一時的な上昇があれば戻り売りを狙いたいですね。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(4時間足)
昨日はやや上昇した一日でした。 トルコですが、昨日記事でも書いたとおり本日の20時(日本時間)に政策金利が発表されます。 予想では現在17.75%→21.0%と大幅利上げが想定されています。 経済状況(直近発表された経済指標結果は良好)を考えると利上げはすべき場面だと思いますが、大統領は以前から明確に利上げ反対を公言していて(経済状況は悪くないにも関わらず、こういった発言が通貨暴落を招いている)、この圧力に中央銀行が負けて予想に反する結果になると失望売りにつながる可能性が高いと思われます。 引き続き、ここから上昇し19円台まで回復すれば2番底を付けた形になって上昇トレンド入りも見えてきますが、下落が再開するとどこまで行くか底は見えなくなります。 今晩の指標には要注目ですね。

・メキシコペソ円(4時間足)
一昨日に5.8台に戻ってきましたが、昨日はもう一段上昇して終わりました。 今週いっぱい粘ってくれれば、今度は5.80が下落時のサポートになってくれそうな感じなのですが、どうなりますかね。

・豪ドル米ドル、豪ドル円
本日のもう一つの注目は豪ドルです。 豪ドル米ドル、豪ドル円ともはっきりした下落トレンドで、昨日は戻りが入りました。 チャートの形としては戻り売りを狙いやすい形になっている状況の中、本日10:30には経済指標が発表されます。 どちらかというと悪い数字が出た場合に下落方向に反応しやすいように思います。 こちらも合わせて要注目です。

まとめ

為替・株価ともに、昨日は動きの読みづらい一日になっています。 その中、本日注目したいのはメキシコペソと豪ドルですね。

米ドル円:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
ユーロドル:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見(大きく上げる場面があれば戻り売り)

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)