本日のFX/株価指数(2018/9/17)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。 金曜は一日用事があり更新ができませんでした(汗)。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 木曜のトルコ政策金利の大幅上昇を受けてか、為替・株式市場ともリスク選好の動きが印象的な木・金になりました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・30分足

9/14終値は111.99で、前日からは7pipsの円安でした。 金曜は、ロンドン時間までは円高に推移しましたが、木曜までの記事で書いていた111.75あたりがサポートになり反転し、112.0を超えてさらに円安が加速しそうでしたが押し戻され、112円近くまで戻して終わりました。

今後の動き

目先は、引き続きどちらかと言えば円安方向を想定します。 上昇余地は113円台前半までありそうです。 逆に円高方向は、まずは111.75あたりでのサポートを想定しますが、そこを割ると次のサポートは110.4あたりになってきます。 113円あたりでの逆張り売り・111.75あたりでの反発狙いはできそうに思いますが、それほど積極的に強気で狙っていきたい感じではないですね。

今週の予想レンジ:109.8円あたり~113円前半

ユーロドル(EUR/USD)

日足・30分足

9/14終値は1.1626で、前日からは62pipsのユーロ安でした。 木曜のロンドン~NY時間にかけて何度かはね返されていた1.165の水平線を突破し、金曜はその流れで日足チャートで引いている1.174に迫ったものの、ここで動きが反転し再び1.165も割り込んだ、というのが直近の動きになっています。

今後の動き

日足や4時間足を見た感じでは、まだレンジ上抜けを狙う動きは折れていないように思います。 意識したい水平線はこれまでと変わらず、上から1.174あたり・1.165あたり・1.157あたり・1.153あたりになるかと考えています。 日足レベルのトレンドは「もみ合い継続中」ですね。

今週の予想レンジ:1.15台前半~1.17台後半

日経225

前日(2018/9/14)の終値: 23,061円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは268円の株高でした。 木・金ともに素直な株高が続いた2日間でした。 リスク材料をいろいろ抱えた状況は相変わらずで、今回の株高には個人的には違和感が大きいのですが、さらに上昇が加速するのでしょうか・・・?

NYダウ

前日(2018/9/14)の終値: 26,188
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約29ポイントの株高でした。 8/30につけた高値を超えてきましたが、最後に押し目をつけて終わっています。 買いを狙いにいっても良い場面かなと思います(ストップの設定は必須ですが)。

英FTSE100

前日(2018/9/14)の終値: 7306.8
トレンド:下落

前日終値からは約18ポイントの株高でした。 木・金はあまり変化無しです。 引き続き、MAX7,100あたりまでの下落を想定しつつ、一時的にしっかりした上昇があれば戻り売りを狙いたいですね。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(4時間足)
木曜夜に政策金利が発表され、予想(17.75%→21.0%)を上回る24%への利上げが好感され発表直後は150pipsを超えるトルコリラ高が進みました。 大統領の圧力にトルコ中銀が屈しなかったのは良かったですね。 金曜は若干下げましたので、この下げが反転するのを見てから買いエントリーしてみて良いのではないかと思います(私は木曜の時点で中長期保有前提のポジションを持ちました)。 今後ですが、現時点では上昇トレンド入りとはまだ言えず、19円をしっかり超えてくれば上昇トレンド入りと判断して良いかもしれません。

・メキシコペソ円(4時間足)
木曜、トルコ政策金利が予想以上の利上げになった事が為替・株式市場のリスク選好に繋がったか、こちらも木曜に大きく上げてきました。 今後ですが、6.0台が昨年秋から何度もはね返されているので、ここを超えられるかどうかがポイントになってくるかと思います。 私は、このあたりの価格帯では再び手動リピート注文で「下げたら買い下がり→上げたら売り」の繰り返しを狙いたいと考えています。

・豪ドル米ドル、豪ドル円
前回記事で豪ドル売り狙いに触れましたが、こちらは残念ながらトルコ政策金利上昇に伴うリスク選好の動きで豪ドル高・円安になり予想はハズレになりました。

まとめ

木曜のトルコ政策金利の大幅上昇を受けてか、為替・株式市場ともリスク選好の動きが印象的な木・金になりました。 個人的にはトルコ問題は世界経済に影響を及ぼすレベルのものとは思えないのですが・・・(まだ具体的に解決していない貿易問題はどこへ?) 今週の動きがどうなるか(木金のリスク選好が一時的なものに終わるか、トレンド転換まで繋がるか)注目ですね。

米ドル円:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
ユーロドル:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見(大きく上げる場面があれば戻り売り)

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)