本日のFX/株価指数(2018/9/18)

こんにちは とるいっち(アラフィフ自由人)です。 午前中は外出の用事があり更新が少し遅くなりました。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 トルコリラの利上げでリスク選好の動きになった先週木・金に対し、昨日は再び貿易問題で調整ムードがぶりかえしてきました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・30分足

9/17終値は111.81で、前日からは18pipsの円高でした。 昨日は112.1を頭にロンドン時間までもみ合いが続きましたが、NY時間に入って円高が進んでいます。 貿易問題が再びリスク材料視されているようです。 まあ、右往左往ですよねw

今後の動き

今朝は、昨日記事でも書いた111.75をはさんだ攻防から始まっています。 現時点ではここを挟んで上(113円前半~111.75)で推移するのか下(111.75~110.38あたり)で推移するのか見えないので、目先はそれが見えるまで待ってからエントリーを狙っていくのが良いのではないかと考えています。

今週の予想レンジ:109.8円あたり~113円前半

ユーロドル(EUR/USD)

日足・30分足

9/17終値は1.1623で、前日からは56pipsのユーロ高でした。 昨日記事で書きましたが(まだレンジ上抜けを狙う動きは腰折れしていないように思う)、一昨日の下落は押し目となり昨日は再び1.165の水平線を上に超えてきました。

今後の動き

スタンスは昨日までと変わらず、 上から1.174あたり・1.165あたり・1.157あたり・1.153あたりの水平線を意識したいと考えています。 日足レベルのトレンドは「もみ合い継続中」ですね。

今週の予想レンジ:1.15台前半~1.17台後半

日経225

前日(2018/9/17)の終値: 23,023円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは38円の株安でした。 昨日はNY時間までは株高が継続していましたが、その後は貿易問題リスクから売りに転換し、一日通しては「いって来い」に終わりました。 日足では23,000円を超えた部分はほぼヒゲなので、まだブレイクしたとは言えず、買いにいきたい気にはならないですね・・・(買うならストップを入れておくことが絶対必要)

NYダウ

前日(2018/9/17)の終値: 26,098
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約64ポイントの株安でした。 昨日は、為替と同様、貿易問題の懸念からNY時間以降下げました。 今朝も下げで始まっていますが、ここが押し目になるのか・そのまま下げ幅を拡大するのかどちらの流れも考えられますので様子見が吉かと思います。

英FTSE100

前日(2018/9/14)の終値: 7306.8
トレンド:下落

前日終値からは約42ポイントの株安でした。 昨日までの記事では「一時的にしっかりした上昇があれば戻り売りを狙いたい」と書いてきましたが、しっかりした戻りがなく再び株安に推移してしまっています。 引き続き、MAX7,100あたりまでの下落想定は変わりません。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(4時間足)
9/13夜に政策金利が発表され、予想を上回る利上げで一時は18.5円あたりまでトルコリラ高が進んでいましたが、昨日は調整の一日になっています(この程度の押し目は想定内かと思います)。 昨日記事でも書きましたが、現時点では上昇トレンド入りとはまだ言えず、今後19円をしっかり超えてくるかどうかが上昇トレンド入りの判断基準になるかなと思います。

・メキシコペソ円(4時間足)
トルコリラ円と同様、こちらも昨日は頭打ちでした。 ダブルトップのような形になってきていて、目先は調整の下落が少し深くなるかもしれません。 個人的には多少の調整は歓迎で、最近何度も記事で書いている手動リピート注文(下げたら買い下がり→上げたら売り)を繰り返すのみです。

まとめ

トルコリラの利上げでリスク選好の動きになった先週木・金に対し、昨日は再び貿易問題で調整ムードがぶりかえしてきました。 理由は後付けで何とでも言えますし、相場はきまぐれですよねw そういえば、リーマンショックから10年経ったんですね。 当時の事は淡い記憶があるのですが、サブプライム問題リスクの事はしばらく前からチラホラ出ていたんですよね。 でも相場に顕在化して出てこないなと忘れた頃にドカンときました。 今の状況も何となく似ている気がしますね・・・世界的な貿易戦争のリスクを抱えたままで、その悪影響は後になって出てくるはずなのに株価はなぜか上がっていっています。 今年いっぱいは、何かが起こった時のために私は余剰資金をしっかり持っておきたいと思います(含み損の補填用とかいう守りの意味ではなく、一気に攻めに転じるための資金です)。

米ドル円:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
ユーロドル:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見(大きく上げる場面があれば戻り売り)

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)