本日のFX/株価指数(2018/9/19)

こんにちは とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 日替わりで史上の強気/弱気が変わっていますが、昨日は全面的に株高・円安が進んだ一日になりました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・30分足

9/18終値は112.34で、前日からは53pipsの円安でした。 昨日は111.75を一時割る場面がありましたが結果的にここが昨日の底となり、昨日までの記事で書きましたが111.75より上のゾーンで推移した一日になっています。

今後の動き

(昨日大きく動いた株価の調整の影響を受ける可能性はありますが)、基本は引き続き米ドル高の動きを想定します。 目標は7/中旬の高値(113.2あたり)で、112.05~112.1あたりまで押す場面があれば買いを狙っていきたいかなと考えています。 一方で111.75をしっかり割り込んできた場合には、今度はここを天井に売りを狙っていきたいですね。

今週の予想レンジ:109.8円あたり~113円前半

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・30分足

9/18終値は1.1664で、前日からは18pipsのユーロ安でした。 昨日は、NY時間にユーロ安の動きがありましたが1.165のラインで反発し、小幅なユーロ安で終わっています。

今後の動き

スタンスは昨日までと変わらず、 上から1.174あたり・1.165あたり・1.157あたり・1.153あたりの水平線を意識したいと考えています。 4時間足・30分足でも何となく1.165の水平線を軸に上か下の範囲での推移継続を想定します。 目先は1.174手前で売り・1.165手前で買いを狙いたいと考えています。 日足レベルのトレンドは、もみ合いが継続中です。

今週の予想レンジ:1.15台前半~1.17台後半

日経225

前日(2018/9/18)の終値: 23,646円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは623円の株高でした。 昨日は、朝方は窓を開けて始まったものの、一日通して株高が続き、しっかり23,000円を超えたと見るや買い一辺倒になった一日でした。 バイイングクライマックス的な動きになったので、よくあるパターンとしてはこの後しばらくの間はもみ合いです。

NYダウ

前日(2018/9/18)の終値: 26,305
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約209ポイントの株高でした。 こちらも日経225と同じような動きになりましたね。 ただ、バイイングクライマックスのような動きではなかったので、まだ1/29の高値(26,680あたり)を目指す動きはあり得ると思います。

英FTSE100

前日(2018/9/18)の終値: 7304.4
トレンド:下落

前日終値からは約39ポイントの株高でした。 終値ベースでは株高になりましたが、チャートを見た感じは横ばいですね。 引き続き、しっかりした戻りがあれば売りを仕掛けていきたいと考えています。 MAX7,100あたりまでの下落想定は変わりません。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(4時間足)
昨日も小幅な下げの一日でした。 引き続き、現時点では上昇トレンド入りとはまだ言えず、今後19円をしっかり超えてくるかどうかが上昇トレンド入りの判断基準になるかなと思います。 スワップ狙いの中長期保持前提であれば、それほど悪くない買い場なのではないかとは思っています(レバレッジは1~1.2倍程度を推奨しますが)。

・メキシコペソ円(4時間足)
昨日記事では「トルコリラ円と同様、こちらも昨日は頭打ちでした」と書きましたが、そうはならずに昨日は再び円安が進みました(汗)。 もう一声で8/28高値(5.965)をしっかり超えてきて、6.0超えが見えてきます。 私は、上下どちらに進もうが、最近何度も記事で書いている手動リピート注文(下げたら買い下がり→上げたら売り)を繰り返すのみです。

まとめ

日替わりで史上の強気/弱気が変わっていますが、昨日は全面的に株高・円安が進んだ一日になりました。 米中貿易問題は、もはやどちらも引くに引けない子供の喧嘩のような状況ですがw、もはや市場は何も感じなくなってしまったのでしょうか? 個人的には株価指数は売り場探しとして推移のチェックを継続したいと思っています(冬になる前にドカンとこないかな・・・という感じで)。 為替は、基本的には流れには素直に付いていくスタンスですが、このままドル高・円安が年内まで続くとは思えないですね。

米ドル円:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
ユーロドル:水平線を基準に逆張り・ブレイク狙い
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見(大きく上げる場面があれば戻り売り)

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)