本日のFX/株価指数(2018/10/11)

こんにちは とるいっち(アラフィフ自由人)です。 昨日と本日午前中は用事があり記事更新ができませんでしたが、その間に凄い事になってますね。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日(+本日AM)は株価暴落が起き、為替も影響受けています。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足・30分足

10/10終値は112.28で、前日からは66pipsの円高でした。 一昨日から113.3あたりを壁にもみ合いが続いていましたが、昨日ロンドン時間の終わりから1円程度の大きめな円高が進んで終わっています。 前回記事では「113.25、113.5を支持線に見て戻り売りを狙っていきたい」と書きましたが、概ね想定どおりだったかと思います。

今後の動き

昨日は大幅な株安の影響で円買いが進み、朝方は少し揺り戻しの動きはありうるかなと思ってはいましたが、午前中までは株価続落と円高が継続しています。 今後の想定ですが、(ここまで不自然なくらい異様に吊り上がってきた)株価はまだまだ下落の余地がありそうですが、(ここ数カ月のあいだ変動幅が小さかった)為替はそれほど大きな円高は想定していません。 こういう事態になると、すぐにテレビでは何とかアナリストだか知りませんが有識者様が偉そうに有り難い予想をされますが、無責任なコメントに踊らされないようにはしましょうw 目先ですが、今はテクニカルもクソ(失礼)もない状況なので(安値感などで安易にエントリーすると罠にはめられます)、株価がもう少し落ち着くまでは静観するのが吉かと思います。

予想レンジ:111円台後半~113円台半ば

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・30分足

10/10終値は1.1517で、前日からは26pipsのユーロ高でした。 一昨日・昨日と動きがわかりにくい日が続いたように思います。 前日記事で「目先は少し様子を見たい」と書きましたが、やはりエントリーすべきではない感じでしたね。

今後の動き

株価に影響を受けている(全体的にリスク回避的な動き)ので、本日も動きが読みづらいですね・・・ 1.153をはさんだ攻防が続いていて、本日朝方まではこの水平線より下での動きを想定していたのですが、本日AMの株価続落で1.153も上抜けしていまいました。 通常なら1.153の水平線をしっかり上抜けしてきたら押し目買いに戦略を切り替えるのですが、株価がもう少し落ち着くまでユーロもエントリーを控えたいと思います。

予想レンジ:目先1.14台前半~1.16台前半

日経225

前日(2018/10/10)の終値: 22,721円
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは795円の株安でした。 過去記事では何度も株高の違和感に触れてきましたが、来るべくして来た感じです。 昨日は、多少ストップロス分も含めて23,000割れまでいったかと思うので、目先は少しの株高反発を本日の朝方は考えていたのですが本日AMも続落中ですね。 まだまだ下落余地は十分あるので、根拠のない安値感でいま手を出す(買う)事だけは避けた方が良いかと思います。

NYダウ

前日(2018/10/10)の終値: 25,519
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約958ポイントの株安でした。 一昨日までは反転(株高)のそぶりをみせて、ドカンと来ました。 リスク材料多数のなかここまで上げてきたので、ここまできたら中間選挙まで株高で耐えられるのかな?とも考えましたが、市場にはトランプ政権も逆らえないですね。 トランプ大統領はFRBを批判(≒責任転嫁)するコメントをしていましたが、戦犯はこの人なのでは?w 人間性を改めて疑いたくなりますw

英FTSE100

前日(2018/10/10)の終値: 7066.0
トレンド:下落

前日終値からは約131ポイントの株安でした。 株価指数の中ではFTSE100は中長期保有したい銘柄なので(私は今は株価指数は保有ゼロです)、個人的にはいけるところまで行って(下落して)ほしいと思ってはいます(汗)。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(4時間足)
昨日は、株価暴落騒ぎに対し不気味なほどほぼ無反応でした。 トルコリラはリスク選好の対象にされていない(ここ最近のトルコリラ高はファンダメンタルの過度な不安材料が払しょくされた結果戻ってきただけで積極的な投資先と見られていない)のでリスク回避の下落も起きていないのかもしれませんね。

・メキシコペソ円(4時間足)
こちらは米ドル円など他のクロス円通貨ペアと同様、円高に動いています。 リスク回避の動きですね。 トルコリラとは異なり、こちらは政治経済のリスクが少なく投資先として見られている事の裏返しと言えそうで、同じ新興国通貨でもこれだけ反応が異なるのは興味深いです。 目先ですが、6円を割ったのはやや気がかりですが、今のところは一過性のものと想定します。

まとめ

昨日(+本日AM)は株価暴落が起き、為替も影響受けています。 こういう状況では突発的な乱高下に巻き込まれる恐れもありエントリーするにはリスク高いので、少し落ち着くまで静観したいと思います。

米ドル円:様子見
ユーロドル:様子見
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)