本日のFX/株価指数(2018/10/19)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は、株価が再び大きく下げ、その影響で円を除く通貨安も進んだ一日になりました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足・5分足

10/18終値は112.17で、前日からは45pipsの円高でした。 昨日は0時までは狭い値幅でのもみ合いが続いていましたが、株価の急落に合わせて0時前から円高方向にもみ合いを抜け、ピーク時は112円を割るところまで進みましたが少し戻して終わっています。 昨日記事では「もみ合いor上昇トレンドに移ったと見る」と書き、0時前までは想定通りの動きでしたが、株価下落で流れが一変した印象です。

今後の動き

目先ですが、引き続き株価次第なところは変わりませんが、112.1台を軸に円安:112.4台 円高:111.6台までの範囲の推移を想定します。 米国の今後の利上げは市場は織り込み済みですが、株価下落については十分には織り込まれていないであろうことをふまえると、中期的な流れは円高方向を意識しておきたいです。 本日ですが、朝も続いているもみ合いを抜けた方向に押し目買い(上限112.4台)/戻り売り(111.6台)を狙っていきたいです。

予想レンジ:111円台半ば~112円台半ば

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・5分足

10/18終値は1.1449で、前日からは50pipsのユーロ安でした。 昨日は、東京時間はほとんど動きがなく、ロンドン時間の前半に1.153に向けて戻りが進み、ロンドン時間の後半以降はユーロ安が加速して終わっています。 1.153が重要な水平線になっていることは6月頃から何十回も記事で触れてきましたが、昨日は、夕方にその1.153に近づいたところが最高の売り所になり、非常においしかったですね!

今後の動き

目先は、10月上旬安値の1.143をしっかり割って行けるかどうかがポイントになってきます。 ここを割り込んでいければ、次は8月中旬安値の1.13になってきます。 現状のレートからでも150pips近くの値幅があるので、しっかり取っていきたいですね。 昨日も書きましたが、日足では一度ダマシがあった後の再下落ですので、今回は下落加速に期待したいです。

予想レンジ:1.14台前半~1.15台半ば

日経225

前日(2018/10/18)の終値: 22,314円
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは570円の株安でした。 昨日は再び戻りを入れながら下落が再開、NY時間に入るとさらに下落が加速し、前々日の株高戻りを帳消しにして終わりました。 株価の乱高下が続いていますが、(私はずっと記事で書き続けていますが)政治経済の不安材料が解決どころか進展もない状況が変わらない限り、大きな流れは株安から変わらないと思っています。 極論すると、トランプ大統領が今のやり方を改めるかクビになれば流れは改善しそうに思いますw それがなければ、今年1月の暴落以上の下げを記録してニュースが悲観ムード一色になった時が底になるかもしれませんね(年内に起こってもおかしくないと思っています・・・)。

NYダウ

前日(2018/10/18)の終値: 25,378
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約355ポイントの株安でした。 日経225と同じような動きでしたね。スタンスは変わらず、いったん戻りが付いた形になっているので、再び下落か・トレンド転換(もみ合いor上昇)か注目です。

英FTSE100

前日(2018/10/18)の終値: 6985.5
トレンド:株安

前日終値からは約48ポイントの株安でした。 こちらも日経225・NYダウと同様の動きで、特にコメントは無しです。

その他の注目通貨ペア

・トルコリラ円(4時間足)
昨日は20円を割ったところで終わりました。 過去記事で書きましたが、トルコリラは株安の影響(リスク回避)ではなく、20円到達達成の一時的な反動と考えています。 昨日記事で「目先、少し下落しても押し目買いのチャンスと見たい」と書きましたが、押し目買いを狙っても良いところかなと思っています。

・メキシコペソ円(4時間足)
昨日は、6円まであと一息のところで下落しました。 こちらは株価が大きく下げたことによるリスク回避の動きかと思います。 私は引き続き、手動リピート注文(「押したら買って上げたら売る」を繰り返す指値注文を手動で行う)を継続中です。

まとめ

昨日は、株価が再び大きく下げ、その影響で円を除く通貨安も進んだ一日になりました。 株安の影響もあるかもしれませんが、期待のユーロドルは順調に下げています。

米ドル円:様子見
ユーロドル:売り(戻り売り)
日経225:戻り売り
NYダウ:戻り売り
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)