本日のFX/株価指数(2018/10/25)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。 昨日は朝から夕方まで用事があり、更新できませんでした。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は、再び株価が大きく下げ、米ドル円は難しい動きに、ユーロドルはようやく下落が進行しました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足・5分足

10/24終値は112.20で、前日からは19pipsの円高でした。 昨日は、21時までは押し目を付けながらも円安に推移しましたが、株価の下落再開と合わせて為替も円高に流れが変わり、株価ほど大きな変動幅ではないものの一日通しては円高で終わりました。 一昨日もそうでしたが、株価の動きにつられて不安定な上下動が続き、そのうえトレンドと言えるほどの変動幅もないのでトレードするにはやや難しい印象です。

今後の動き

日足・4時間足とも、もみ合い状態です。 5分足をみると朝方4時過ぎに下落トレンドが出ていますが、4時間足では111.9あたりに支持線が引けるので、目先、円高に動いた場合のメドはここあたりになってくると見ています。 株価の下落が本日も大きい場合は次のメドは111.65あたりになり、ここは日足・4時間足の支持線とみることができるので、少なくとも本日はここをしっかり下に割り込んでいくのは難しいかなと想定します。 一方で円安に動いた場合は、前日高値(112.74あたり)がここ最近の変動幅を考えても目先の円安上限かなと想定します。 本日ですが、111.6台まで押す場面があれば逆張りの買いを狙ってみたいです。 売りエントリーに関しては、安値掴みになる可能性があるのでスイングトレード・デイトレードでは見送りたいです(スキャルピングであれば問題ないですが)。

予想レンジ:111円台半ば~112円台後半

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・5分足

10/24終値は1.1391で、前日からは78pipsのユーロ安でした。 昨日はロンドン時間まではほとんど動きがありませんでしたが、ロンドン時間に入るとユーロ安が加速・進行して終わり、ロンドン時間は強いトレンドが出たので売りで利益を狙いやすい状況になりました。 4時間足でも1.143台の支持線をしっかり下抜けし、今回(日足で3度目の正直)は良い感じでユーロ安が進行しています。

今後の動き

以前から記事で書いているとおり、スタンスは変わらず数日・数週間スパンでは8月中旬下値の1.130を目指す流れを想定します。 目先は5分足で下は1.138・上は1.141に水平線が引けるので、この範囲から抜けた方向に付いていきたいと考えています。

予想レンジ:1.13台~1.14台半ば

日経225

前日(2018/10/24)の終値: 21,515円
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは643円の株安でした。 再び下げてきましたね。 ニュース記事等では「底を売ったか」など楽観的(でいい加減)な情報も散見されましたが、そうやって「安値感での買い」を狙う層が残っている間は狩り続けられている印象です。 私は「エントリーするなら戻り売り」「安易な押し目買いは避けたい」と書き続けてきましたが、まだ終わったと思わない方が良いように思います。 週足で見ると21,000円あたりは下落の節目になるかもしれませんね。 22,000円あたりは戻り売りのチャンスになるかもしれませんが、変動幅が大きいので損切りの一貫したスタンスを持たない方は手を出さない方が良いかも(汗)。

NYダウ

前日(2018/10/24)の終値: 24,614
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約632ポイントの株安でした。 こちらもガツンと来ましたね。 しかし、週足では24,000台前半までは下落の余地があるように見えます。 もしここを下抜けした日には、今年最安値もあり得なくはない感じです。 中間選挙まであと2週間たらずですが、どうなるでしょうかね。 トランプ陣営ピンチw(身から出た錆ですよね)

英FTSE100

前日(2018/10/24)の終値: 6868.0
トレンド:株安

前日終値からは約108ポイントの株安でした。 引き続き底をじっと待ちたいですね。 今年安値は6,740あたりですが、ここに届くかどうか・・・ 何気に、現時点の株価でも2016年末より安値なんですよね。 長期的には保有しても損はない(くりっく株365なら配当も入ってきますし)と思いたくなりますが、NYダウが落ち着くまで待ちますかね。

まとめ

昨日は、再び株価が大きく下げました。 株価が下がれば何とかの一つ覚えのように「貿易リスクから株が売られ」と繰り返す報道の役立たずぶりには笑えてきます。 そんな報道でも、内容が悲観一色になった時は買いのシグナルとして役立つので、今は戻り売りを狙いながら底を待ちたいところです。 為替ですが、米ドル円は直近ちょっと難しい感じですが、ユーロはようやく下落が進んできました。 引き続き株価の乱高下に為替も影響を受けてしまいますが、大きな流れと短期的なトレンドを見きわめて上手く乗っていきたいですね。

米ドル円:様子見
ユーロドル:戻り売り
日経225:戻り売り
NYダウ:戻り売り
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)