本日のFX/株価指数(2018/11/1)

こんにちは とるいっち(アラフィフ自由人)です。 今日は午前中に用事あり、更新が午後になりました。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は、株価は連日の上昇、為替は米ドル円はもみ合い・ユーロドルは一段のユーロ安で10月中旬から書き続けてきた目標に届きました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足・5分足

10/31終値は112.99で、前日からは4pipsの円高でした。 昨日は、ロンドン時間まではもみ合いながらも円安方向に動いていましたが23時頃から流れが反転し、一日通しては「いって来い」に終わっています。

今後の動き

昨日とスタンスは変わらず、4時間足のもみ合いを上方向に抜けたので目先は円安の動きを想定します。 昨日は上抜け分だけ下げて、押し目が付いた形になっていますので、水平線で反発して円安方向に動くかどうかがポイントになります。 昨夜1時頃からその水平線の上(112.7~112.8台)で跳ね返しているので、今日は買いの方向でポジションを持ってみたいと思います。 逆にこの水平線を下に割り込んでしまうと、またレンジに逆戻り(下は111.6あたりまで)となりそうです。

予想レンジ:111円台半ば~114円

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・5分足

10/31終値は1.1312で、前日からは31pipsのユーロ安でした。 昨日は、もみ合いながらもユーロ安が進む流れでしたが、1.130台でやや反発して終わっています。 10月中旬からずっと「数日・数週間スパンでは8月中旬下値の1.130を目指す流れを想定」と書き続けてきましたが、ほぼ目標に到達した形です!

今後の動き

書き続けてきた当面の目標に届いたので、目先数日は今後の流れを見極めるための様子見になります。 一番可能性がありそうなのは、「ここで少し反発しつつもみ合いの場面に移行し、再び下落するか反発上昇するかの攻防に入る」で、その次が「ここで少し反発した後、再び下落が加速する」でしょうか。

予想レンジ:1.130~1.14台前半

日経225

前日(2018/10/31)の終値: 21,765円
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは107円の株高でした。 連日の株高で、22,000近くまで戻してきました。 ここはやや強い抵抗線になると思われるので、22,000近くまで来ることがあれば戻り売りの狙い目になってくるかと思います。 スタンスは変わらず、戻りが入れば売り・節目を下抜けしたら追いかける形でやっぱり戻り売り、かなと思います。

NYダウ

前日(2018/10/31)の終値: 25,041
トレンド:株安
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約186ポイントの株高でした。 こちらも日経225同様に連日の上昇ですが、日経225と違うのは、ある程度はっきりした抵抗線が見えないためこちらの方が戻り売りは狙い辛いところですね。

英FTSE100

前日(2018/10/30)の終値: 7080.0
トレンド:株安

前日終値からは約20ポイントの株高でした。 スタンスは昨日と変わらずです。 10月中旬からのもみ合いに入ったような感じで、(以前の記事から書いてきていますが)日経225・NYダウと比べて最も割安感があるので、再度6,900あたりまで下げたら(レンジ内での戻りを期待する狙いも含め)押し目買いを検討したいと考えています。

まとめ

昨日は、株価は連日の上昇、為替は米ドル円はもみ合い・ユーロドルは一段のユーロ安で10月中旬から書き続けてきた目標に届きました。 株価も為替も次の局面に入る場面にきているかもしれません。

米ドル円:様子見(押し目買い)
ユーロドル:様子見
日経225:様子見(戻り売り)
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)