本日のFX/株価指数(2018/11/16)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 動きが不規則で読みづらい為替に対し、株価(特に日経225)が面白い事になってきました。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足・5分足

11/15終値は113.58で、前日からは4pipsの円高でした。 昨日は、午前中の内に113.6を挟んで円高方向の攻防になり、23時にかけて113.1まで円高が進んだものの、ここを底に反転し結局また113.6付近まで戻って終わった一日になりました。 最近ずっとそうですが、上下動が不規則でトレンドがなく、なかなかエントリーのチャンスが見つからない状況が続いているように思います。

今後の動き

昨日記事で書いた短期もみ合い(114.2~113.6)はもう崩れ、目先はどちらかと言えば円高方向の動きを想定したいと思います。 が、やはり大きな動きではなく昨日の安値を超えるかどうか(最大でも112円台後半あたり)かなと思います。

予想レンジ:112円台後半~114円台半ば

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・5分足

11/15終値は1.1326で、前日からは20pipsのユーロ高でした。 昨日は、ロンドン時間までは緩やかにユーロ高が進んでいましたが、EU離脱担当相の辞任報道を受けて大きくユーロ安に動いたものの、結局元に戻り一日通しては若干のユーロ高で終わっています。 昨日記事でも「ワケの分からない動きになっています」と書きましたが、昨日の相場も相変わらずワケの分からない動きが続いています。 ただ、「目先は、5分足で引いた2本の水平線は機能する(跳ね返す)のではないか」と書いていたとおり、若干のはみ出しはあったものの想定の範囲内の上下動に留まっています(ユーロドルと比べ、ポンドはかなり激しい動きになりました)。

今後の動き

日足はまだ下落トレンドと見えなくはないですが、4時間足はもみ合いに入った感があります。 昨日記事で「昨晩の乱高下でチャートがぐちゃぐちゃになっているので形が落ち着いてくるまでは様子見かなと思います」と書きましたが、昨日の動きもぐちゃぐちゃで、やはり目先も形が落ち着いてくるまで様子見になるかと思いますが、昨日高値と安値の範囲内(1.136台~1.127台)に留まると見ます。

予想レンジ:最大、1.122あたり~1.14台半ば

日経225

前日(2018/11/15)の終値: 21,893
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは217円の株高でした。 相変わらずニュースでは何も考えていない、適当(上がればリスク後退、下がればリスク増大)なことばかり言っていますが、60分足チャートが直近の動きを綺麗に物語っているので本日は60分足チャートも掲載しました。 見ての通り、昨日から綺麗なもみ合いが続いている、というのが結局、大口投資筋などの見方であり、報道内容はそれらしいネタを後付けしているだけに過ぎないですね。 目先については昨日の記事と変わりません。 今は買い手と売り手の攻防が続いている状況なので、その決着が付いて片方が白旗上げると負けた方に抜けてトレンドができる期待が持てますので、抜けた方で押し目買い(or戻り売り)を狙っていきたいです。 今日は、動きが不規則な為替よりもこちらの方が狙い目になるかもしれません。

NYダウ

前日(2018/11/15)の終値: 25,314
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約272ポイントの株高でした。 分析が難しい状況の直近の為替より、今は株価の方が分かりやすいので、こちらも日足に加えて4時間足を掲載しました。 日経225とは傾向が違うのが興味深いですね。 日経225もNYダウも大きく動く日が多いので右往左往させられそうになりますが、明確なもみ合い中の日経225に対し、NYダウは大きな流れはどちらかと言えば下落側になっているかと思います(特に4時間足は下落トレンド中)。 今はしっかりした戻りを付けている状況なので、エントリーしてみるなら売りを仕掛けてみる(セットで損切りは絶対必須!)のはありかもしれません。 本日は週末という事で、リスク回避(とりわけ、今は政局が不安定なのでポジションを週末挟んで持ち続けたくないという思惑)の手仕舞いの動き(昨日の買いポジションの利益確定決済)も期待できるかもしれませんね。

英FTSE100

前日(2018/11/15)の終値: 7091.0
トレンド:-

前日終値からは約86ポイントの株高でした。 引き続きもみ合い中ですね。

まとめ

動きが不規則で読みづらい為替に対し、株価(特に日経225)が面白い事になってきました。為替は米ドル円もユーロ円もややチャートが荒れていて動きが分かりづらい状況ですが、特に日経225は意外にも綺麗なもみ合いを形成しているので、しっかり抜けると(抜けた所から)400円くらいの加速は期待できそうなので、今日はこちらをメインにチェック継続・狙っていきたいと考えています。 なお、為替については、こういう分かりにくい相場の時に何度か紹介していますが、リピート注文がすごくハマってくれます。 難しい相場で裁量トレードができない時も、ほったらかしでどんどん利益を積み重ねてくれるリピート注文はとてもありがたい存在です。

米ドル円:様子見
ユーロドル:様子見
日経225:様子見(もみ合いを抜けたらトレンドフォロー)
NYダウ:様子見(売り)
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)