本日のFX/株価指数(2018/12/12)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は為替は比較的静か、株価は相変わらず乱高下の一日でした。 今週は月曜から、為替は難しい感じの相場が続いているように思います。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足・5分足

12/11終値は113.37で、前日からは7pipsの円安でした。 昨日は、東京時間午前はやや円高にうごいたものの133.0台で支えられ、ロンドン時間からは押し目を付けながら円安に反転し、一日通しては「いって来い」に終わっています。

今後の動き

日足トレンドは引き続き上昇中ですが、4時間足は上下どちらに動くか判断できない位置にいるので、本日は様子見が吉かと思います。 レンジ上限・下限は4時間足で引いた上と下の水平線がメドになってくると見ます。

予想レンジ:113円~114円あたり

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足・5分足

12/11終値は1.1318で、前日からは36pipsのユーロ安でした。 一昨日は三角持ち合いを上抜けしましたがダマシに終わり、昨日は今度は下のラインを割り込んできました。 4時間足の下の方に引いている水平線も抜けていけば下落の加速を想定したいですが、今回はどうなりますかね。

今後の動き

日足は引き続き下落トレンドですが、4時間足も下落を試す方向の動きが見られますね。 狙うなら水平線もしっかりとブレイクし、その後の戻りが水平線に戻ってきたあたりになってきますかね。

予想レンジ:1.130あたり~1.150

日経225

前日(2018/12/11)の終値: 21,258
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは68円の株安でした。 昨日は、引き続きもみ合いの下限あたりでの乱高下が続いた一日になっています。 追いかけるのは難しい動きだと思います。 リピート注文向きの相場状況ですね。

NYダウ

前日(2018/12/11)の終値: 24,417
トレンド:-
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは約70ポイントの株安でした。 昨日も、日経225と同様にもみ合い下限での乱高下が続きました。 手動リピート注文が良い感じです。

英FTSE100

前日(2018/12/11)の終値: 6831.6
トレンド:-

前日終値からは約62ポイントの株高でした。 やや戻してきていますね。 スタンス変わらずです。 日足ではレンジを下抜けしていますが、いまの株価は月足では節目になる位置にいて、ここのサポートは多少強いのではないかと思っています。 ただトレンドは下落なので今日明日はあえて動きにいくことは避けた方が良いように思います。

まとめ

昨日は為替は比較的静か、株価は相変わらず乱高下の一日でした。 今週は月曜から、為替は難しい感じの相場が続いているように思います。 株価は乱高下は激しいですがもみ合いになっているので手動リピート注文がうまく効いています。 株価の動きが落ち着く(トレンドが出てくる)までは今のような相場が続くかもしれませんね。 記事中では触れていないのですが、ポンドは大きなトレンドが出てきそうな動きにはなっています。

米ドル円:様子見
ユーロドル:(明確にブレイクしたら付いていく)
日経225:様子見(押し目買い)
NYダウ:様子見(押し目買い)
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)