本日のFX/株価指数(2019/1/7)

明けましておめでとうございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。 年末年始は帰省で忙しく、更新がしばらく止まってしまいました。 その間に株価の暴落や年始に為替の瞬間的な激しい円高などありましたが、私は大した影響も受けずに元気にしておりますw 本日は簡単に昨年を振り返りつつ、ブログ更新・トレードを再開していきたいと思います。

昨年の振り返り

為替相場

上の米ドル円チャートを見て分かるとおり、昨年は今までと比べて非常に変動幅の小さい一年でした。 米ドルは小刻みな利上げが続いた関係で、後半途中までは緩やかにドル高に進んだものの、トランプさんの突っ走りの影響もあってか円安ブレイクのトライは何度もはね返され、勢いがなくなって終わった感じですね。 今後の見通しですが、世界的な景気減速による円高方向に注意したいですね。 1/3の104円あたりが最初のメドで、次のメドは100.0円でしょうか。

株式相場

昨年はリーマンショックからちょうど10年たち、ちょっと話題になりましたね。 NYダウについてはそれ以降、ただ買えばひたすら上がるという状況が続いていましたがそれは昨年でひとまず終わった感じですね。 昨年後半からずっと、リスク材料がどんどん増え何も解決していかないことから、そのうち株価に反映されてくるであろうことは触れてきましたが、今年は上昇トレンドが終了し、もみ合い相場に移行する事を意識しておきたいです。

個人的な投資活動

昨年ですが、永年勤めた会社をついに早期退職することになり、収入元が失業手当と投資のみになったのですが、投資に関しては割増退職金を活かすことで自己ベストの年間収益を得ることができました。 とはいえ、失業手当はもうすぐ支給終了となり、投資活動の収益も増えたとはいえ現状の生活を維持できるレベルまでは届いていないので、パワーアップすべく猛勉強を続けています。 このブログは、相場の環境認識をしっかり行い、自分自身がいつでも確認できるようにする事を主な目的に続けてきましたが、今年は違う切り口の記事も追加していく等もう少し強化していきたいと考えています。

米ドル円(USD/JPY)

日足・4時間足

しばらく記事更新していませんでしたのでここ最近の流れをまとめてみると、12月中旬に日足の三角持ち合いを下抜けしたことで円高が加速し、年末の株安で円高がさらに加速、1/3は理由がはっきりしていませんが昨年の最安値付近まで瞬間的に円高が一気に加速する場面まであったというのがざっくりした流れです。 瞬間的な円高加速で買いポジション保有組の多くはロスカットされてしまった事が考えられ、売り手の利益確定で徐々に戻してきた印象です。

今後の動き

ここはもう、「売り場探し」の一択かと思います(戻り売り狙い)。 最初の狙い目は108.6あたりで、既に反発して108.1~108.3あたりでのもみ合いになりつつあるので、ここから入るならベストなシナリオは108.3を上抜けすると見せかけたダマシが起こったら、上抜け狙い組の損切りに便乗しての売りエントリーかなと思っています。 ブレイクがダマシに終わらずに上抜けした場合は、次は108.6台のラインを軸にした動きを想定します(ここで反発を確認できたら戻り売り)。

予想レンジ:106円台後半~110円台前半

ユーロドル(EUR/USD)

日足・4時間足

年末年始は株価も為替も荒れましたが、その中でユーロドルについては日足・4時間足とも見事なまでに無反応でしたw(全くの無反応ではなかったのですが、影響を感じさせないですよね)。

今後の動き

現時点のチャートからは、ユーロ高/ユーロ安どちらに動きそうかは見えてこない感じです。 ただ、明確なもみ合いの形が作られているので、エントリーとしては「ブレイクのダマシ狙い」「ブレイク後の戻り売り(押し目買い)狙い」のチャンスは期待できるのではないかと思います。 しっかりチャンスを待って、仕掛けていきたいですね。

予想レンジ:1.13~1.15

日経225

※レートはGMOクリック証券のデータ参照

年末にかけて下落が加速しニュースでも取り上げられましたが、いつものごとく世間一般が騒ぎ出したころがひとまずの底になっています。 20,000円あたりが攻防の軸になっていますね。

NYダウ

※レートはGMOクリック証券のデータ参照

こちらも年末の暴落が印象的で、売りにせよ買いにせよ今はエントリーするには恐怖心がつきまとってくるかもしれませんが、テクニカル的に見るともう一伸び(500ポイント以上)の余地はあるように見えますね。

英FTSE100

※レートはGMOクリック証券のデータ参照

これもいつも書いていますが、日経225やNYダウと比べてこちらは相変わらず値動きが大人しいですね。 昨年3月の安値をブレイクしているのですが、ダマシに終わるか再度下落に動いてブレイク確定になるかに注目したいと思います。

まとめ

昨日は株価はやや下落、為替はNY時間をはさんで転換はあったものの一日通してはやや小幅な動きになりました。 今晩(明日早朝)はFOMC政策金利発表と議長会見がありますね。 利上げは織り込み済みで波乱はないかと思われますが、ここ最近の株価下落を受けて発言内容に変化があった場合は相場が動く可能性がありますので要注意です。

米ドル円:戻り売り
ユーロドル:様子見(ブレイクもしくはブレイクのダマシ狙い)
日経225:様子見
NYダウ:様子見(短期的には反発の形を作っているので買ってみるのはありかも)
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)