本日のFX(2018/3/12)

こんばんは とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日のトレード振り返りと、為替(・たまに株価指数も)の見通しを予想します。 昨日は、週末から考えているロジックのインジケーター化と検証をしていて(4時間足以下のチャートに表示しています)、記事更新とトレードが止まってしまっていました(汗)。

前日・前々日のトレード(なし)

3/8(金)、3/11(月)ですが、個人的にはちょっと難しいと感じ、トレードは行いませんでした。 後は、新しいロジックを試行錯誤していてそちらに注力しているので、トレードまで気が回っていなかったのもありますが(汗)。

先週の成績:デイトレ+28pips、スキャル+18pips (3月トータル:デイトレ+33pips、スキャル±18pips)

為替相場の環境認識

米ドル円(週足・4時間足・1時間足)


月足:上昇トレンド(?)
週足:上昇トレンド
日足:上昇トレンド
4時間足:上昇トレンド

先週木曜に久しぶりにしっかりした下げがきたドル円ですが、昨日今日でその下落のスタート地点まで戻ってきました。 あと金曜の雇用統計ですが、前回結果・今回予想と今回結果の差があまりにも大きく市場が戸惑ったようなチャートの反応になりましたねw
ここからですが、正直なところ分からないです(汗)。 上方向メド(先週高値超え)と下方向メド(先週安値割り)の真ん中あたりにいるので、ここからエントリーしようとしても丁半博打にしかならないように思います。 私は様子見です。

予想レンジ:110円台前半~113円

ユーロドル(週足・4時間足)

月足:下落トレンド
週足:下落トレンド
日足:下落トレンド
4時間足:下落トレンド

週足ではずっと下ヒゲに終わってきた水平線ですが(10回近く実体抜けのトライが繰り返されたように見えます)、先週ようやくローソク足の実体で抜けてきました。 ただし、月足だとまだもみ合いを抜けておらず、ショート派の完全勝利まではあと一歩です。 ということで個人的にはあと一声のプルバックと反転のプライスアクションを待ってエントリーしたい感じです。 そのプルバックですが、第一候補はすぐ上の赤い水平線(1.129あたり)、第二候補は最大1.140の水平線までのどこか(しっかりした反発を確認してエントリー)を考えています。 あとは、プルバックをつけずに下がっていった場合は前回安値超えでエントリーですかね。

予想レンジ:1.12~1.15

その他

豪ドル米ドル


ポンドドルは昨日の上げでおいしい狙い目がいったんなくなった感じなので、今回は豪ドル米ドルに変えました。
そのオージーですが、0.705あたりの水平線をはさんだ攻防が直近続いた結果、逆ヘッドアンドショルダーの形になり、そのネックラインを抜けてきています。
ただ、日足のトレンド的には逆張りであり、一方的に上昇だけの可能性でなく反落の可能性も想定しておきたいです。 先週木曜からトレンドラインに沿って動いている感じなので、本日NY時間以降に上昇 or トレンドラインを割り込んで下落、どちらに動いてもラインを背に小さい損切り幅でエントリーできそうなので(1時間足の青◯部分)、相場の動きを見てから狙っていきたいと考えています。

まとめ

昨日は、週末から考えているロジックのインジケーター化と検証をしていて(4時間足以下のチャートに表示しています)、記事更新とトレードが止まってしまっていました(汗)。 相場ですが、先週から株価がなかなか激しいアップダウンで、為替もやや難しい印象ですね。 無理せず、分かりやすそうに感じるところだけエントリーを狙って待ちたいと思います。

米ドル円:様子見
ユーロドル:売り(戻り売り)狙い
豪ドル米ドル:チャートの動きを見ながら臨機応変に

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

トレード結果を記事に掲載することを始めて一ヶ月たちましたので、先月の振り返りを行い、今月は何を改善していくかを考えてみたいと思い、まとめてみました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。

応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)