本日のFX(2018/3/28)

こんばんは とるいっち(アラフィフ自由人)です。
直近のトレード振り返りと、為替(・たまに株価指数も)の見通しを予想します。 ドル円は方向感が難しく、逆にユーロドルはトレンドがはっきりしているように見えます。

3/25~3/27のトレード(デイトレ+60pips)

3/20~3/22は、デイトレを2回行いました。
うち、1回分(EURUSD売り)はツイッターに載せ損なってしまったのでブログでの収支には含めませんが、良いトレードだったので記事紹介はしたいと思います。

・3/26(火)、EURUSD、売り

エントリーポイントは上のチャートの赤丸部分です。 下落方向のチャネル上限にタッチするところですね。 ここを1分足でみると、下画像のようになっていました。
水平線でダブルトップを作り、さらにペナントも作ってどちらも下抜けしました。 トレンドはのきなみ各上位足とも下落トレンドで、チャネルに近づき、2つのシグナルまで出たらエントリーするしかないですw(損切りの逆指値も直近高値の上に置けば良いのでリスクも低い)
エントリー後はラインにそって素直に下落が進み、下の方でダブルボトムを上抜けしたところで利確です。 これは我ながら会心のトレードだったように思います。

・3/27(水)、NZDUSD、売り(+60pips)

週足(左側のチャート)でペナントが上か下かどちらかにブレイク間近ななか、3/27の10:00は政策金利の発表が控えていて、どちらかに大きく抜けそうな状況になっていたので、この日は10:00前から狙っていました。 動いた方に乗るだけですね。 反省点は、利を大きく・損を小さく抑えるために、こういう場面は今後は逆指値でエントリーを狙いたいと思います(今回の場合は、ダブルトップを形成していたのでネックラインの下にエントリーの逆指値)。

今週の成績:デイトレ+60pips、スキャル±0pips (3月トータル:デイトレ+63pips、スキャル+64pips)

為替相場の環境認識

米ドル円

・月足(上昇トレンド)、週足(ノントレンド)
上昇トレンドが崩れ、三角持ち合いに突入。 上に抜けたものの、FOMCでの利上げ期待の減少が水をさしたかすぐに勢いがなくなり、グダグダ中。

・日足(ノントレンド)、4時間足(ノントレンド)
日足は、チャネルを形成し上昇が続いていましたが、FOMCで下にブレイク。
ブレイク後、4時間足では戻りを入れながら下落が進んでいましたが、だんだんグダグダな形になってきました。 上位足にトレンドがないのでグダグダになっても不思議はないですね。

・今後の狙い目
月足以外はノントレンドになってしまったので狙い目が定められない感じです。 流れが出てくるまでは様子見で他の通貨ペアを物色した方が良いように思います。

予想レンジ:109円あたり~111円台後半

ユーロドル

・月足、週足、日足、4時間足(すべて下落トレンド)
グダグダなドル円に対し、ユーロドルは見事に一律、下落トレンドになっています。 上の画像では引いていないものが多いですが、各足、チャネルラインを引ける感じです。

・今後の狙い目
トレンドがはっきりしているので、素直にトレンドラインに沿って戻り売りを狙っていきたいです。

予想レンジ:1.12~1.13台後半

まとめ

ドル円は方向感が難しく、逆にユーロドルはトレンドがはっきりしています。 といっても、どこでも勝てるわけではないのでw、エントリーポイントをしっかり狙っていきたいです。

米ドル円:売り
ユーロドル:売り

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

トレード結果を記事に掲載することを始めて一ヶ月たちましたので、先月の振り返りを行い、今月は何を改善していくかを考えてみたいと思い、まとめてみました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。

応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)