本日のFX(2018/4/1)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
直近のトレード振り返りと、為替(・たまに株価指数も)の見通しを予想します。 引き続き、ドル円は方向感が難しく、逆にユーロドルはトレンドがはっきりしている状況ですが、そのユーロドルは下落の動きが鈍くなっています。

3/28~3/29のトレード(デイトレ+40pips)

3/28~3/29のエントリーは1回でした。

・3/29(金)、USDCAD、売り(+40pips)

上のチャート画像は、エントリー前の週足・4時間足です。
月足・週足・日足・4時間足と全て上昇トレンド中のなか、4時間足では3月高値超えを試す状況が近づいていて、上抜けするのか・跳ね返されるのか、白黒つけるべきタイミングで21:30にカナダ指標(GDP)発表です。
どちらに動くかは分からないものの(上昇トレンドだったので、どちらかといえば上抜けを想定していましたが)、どちらに触れてもある程度大きな動きが想定されたので、上抜け先・下抜け先の両方に逆指値で買い・売りの新規エントリーを仕込んだ上で指標を待ちました。 その結果が下のチャート画像です。

指標の結果は市場の想定よりも良く、下方向に跳ねました(ドルカナダなので、カナダ高は下方向)。 下方向に跳ねた場合は上の週足画像で引いたチャネルラインの下限くらいまではMAX伸びる事も想定していましたが、相場が完璧な上昇トレンド中だったためかそこまでの伸びはなく、4時間足のレジスタンス付近で動きが重くなったところで利確となりました(実際には、回線不調か、トレード中にMT4が一時切断され、焦って接続回復後に全ポジションを決済してしまったのですが 汗)。
指標でのブレイク狙いですが、前回記事のNZDUSDトレードでは成り行きでエントリーしたために乗り遅れ気味になってしまったので、今回は逆指値エントリーに改善しその点では上手く行った形になりました。

先週の成績:デイトレ+100pips、スキャル±0pips (3月トータル:デイトレ+103pips、スキャル+64pips)

為替相場の環境認識

米ドル円

・月足(上昇トレンド)、週足(ノントレンド)
引き続きグダグダ中です。

・日足(ノントレンド)、4時間足(下落トレンド)
引き続き動きの読みにくい状況が続いていますが、4時間足の戻り高値(110.95)に近づいてきました。 ここで反発のプライスアクションがあるかどうかはチェックしていきたいと思います。

・今後の狙い目
月足(上昇トレンド)以外はノントレンドなので狙い目を定めづらいですが、強いて挙げるなら4時間足戻り高値でのプライスアクションかなと思います。

予想レンジ:109円あたり~111円台後半

ユーロドル

・月足、週足、日足、4時間足(すべて下落トレンド)
グダグダなドル円に対し、ユーロドルは見事に一律、下落トレンドになっています。 各足、チャネルに沿って動いていますが、4時間足については週足の水平線(1.1214)に引っかかって止まっている状況です。

・今後の狙い目
現在引っかかっている水平線をブレイクするか、押し戻されて戻り高値あたりまで反発するかを見ていきたいと思います(エントリーの目線は売り)。

予想レンジ:1.12~1.13台後半

まとめ

引き続き、ドル円は方向感が難しく、逆にユーロドルはトレンドがはっきりしている状況ですが、そのユーロドルは下落の動きが鈍くなっています。 今朝の時点では、これという狙い目が見当たらないので様子見メインになるかもしれません。

米ドル円:様子見
ユーロドル:売り or 戻り売り

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

トレード結果を記事に掲載することを始めて一ヶ月たちましたので、先月の振り返りを行い、今月は何を改善していくかを考えてみたいと思い、まとめてみました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。

応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)