本日のFX(2018/2/13)

Twitterでの記事更新通知をはじめました。フォローいただけますと嬉しいです!

前日終値(USD/JPY:ドル円、EUR/JPY:ユーロ円、ユーロドル:UER/USD)と今後の見通しを予想します。 2/12は米ドル円、ユーロ円、ユーロドルとも終値ベースで変化がないどころか、上下の動きさえほとんどない穏やかな(つまらないw)1日でした。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/2/12)の結果

2018/2/12終値:108.64
シグナル:円安

前日終値からは13pipsの円高で、動き幅も40pipsと何もない1日になりました。 動きがないのでリピート注文も何もヒット無しです。
シグナルは、どうにか円安キープで、ぎりぎりレンジの下限です。

今後の動き

スタンスは前日と変わりません。 108円台後半~109円台半ば、もう少し上方向は110円あたりのレンジと見ます。 ※取引については、私は米ドル円はトラリピ運用していますので、トラリピ任せです。
もし、終値ベースで108円台後半を下回ってしまうと円高方向への流れが再開されそうで、その場合は107円台前半が計算上のターゲットになってきます(107円台後半に壁が見られるので足踏みするかもしれませんが、最終的には107円台前半に到達するシナリオ)。
また、110.1円あたりの壁を上抜けすると、その上は111円台後半が目標として算出できますが、チャートの形状的には下抜けの方が可能性高そうに見えますね。

ユーロ円(EUR/JPY)

前日(2018/2/12)の結果

2018/2/12終値:133.23
シグナル:円高

前日終値からは30pipsの円安で、値幅は68pipsでした。 戻り売りするには高値が低かったので、様子見に終わりました。

今後の動き

前日と変わらず、133円~135円なかばまでの動きになると考えます。 シグナル的には円高なので、134円なかばくらいまで円安が進む場面があれば戻り売りを狙っていきたいです。

終値で133円を切ってきた場合は、次の目標は132円台前半、終値で135円台半ばを超えた場合の次の目標は136円台前半。 相場のパワーが溜まっていないので、上下いずれも大きなブレイクは計算できない状況です。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/2/12)の結果

2018/2/12終値:1.2289
シグナル:ユーロ安

前日終値からは44pipsのユーロ高で、上下動の値幅は63ippsでした。 シグナルがユーロ安のなか、中途半端な位置にいるので何もできないですね...

今後の動き

前日とスタンスは変わらずです。 下は1.220前後、上は1.250あたりの広いレンジの下の方にいて、シグナルはユーロ安。 日中は大きな動きは期待できないですが、夜間にもし大きくユーロ高に動く場面があれば戻り売りを狙いたいと思います。

まとめ

3通貨ペアとも終値も値幅も大した動きがありませんでした。 スタンスは本日時点ではまだ全て変わりありません。 基本的には大きな動きがあった時にポジションを取りに行くのが手堅いやり方に思います。
米ドル円:押し目買い
ユーロ円、ユーロドル:戻り売り
ただし、ユーロ円、ユーロドルについてはエントリーが早いとマイナスを抱えるリスクも高くなるので気を付けたいところです。

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年1月のトレード結果と為替市場、2月の方針についてまとめました。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)