本日のFX/株価指数(2018/3/15)

前日終値(USD/JPY:ドル円、EUR/JPY:ユーロ円、ユーロドル:UER/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 対円は引き続き方向感のはっきりしない動きが続き、ユーロドルは戻り売りしやすい状況が続いていると見ています。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/3/14)の結果

2018/3/14終値:106.29
トレンド:円安

昨日終値からは29pipsの円高でした。 夜間に一時的な円高の動きはありましたが、全体的には上も下も動きが重く、ポジションを持つには至りませんでした。

今後の動き

スタンスは前日と同様になりますが(105.7~106.7のレンジ内にいて、この範囲で動きを想定)、動きが小さいのでポジションを持つのが難しいですね。一時的にレンジを飛び出した場合に逆張りでポジションを狙いにいってみたいと思います。

ユーロ円(EUR/JPY)

前日(2018/3/14)の結果

2018/3/14終値:131.48
トレンド:円安

前日終値からは55pippsの円高でした。 米ドル円と同様、ユーロ円も方向感がないですね。 昨日はポジションは持たず、様子見に終わりました。

今後の動き

130.7~132.0の短期レンジ内で方向感のない動きになることを想定します。 米ドル円と同様、一時的にレンジを大きく抜ける事がない限り、様子見になると思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/3/14)の結果

2018/3/14終値:1.2366
トレンド:ユーロ安

前日終値からは23pipsのユーロ安でした。 一時的に1.24までユーロ高が進みましたが壁にはね返されました(ここ最近、上抜けを狙う動きが何度か見られますね)。 こちらは戻り売りを仕掛け、うまくはまってくれました(エントリーしやすかったです)。

今後の動き

引き続き1.240~1.230のレンジ上限あたりにいますので、本日も戻り売りを狙ってみたいと思います(あまり調子に乗り過ぎない程度に・・・)。

日経225

前日(2018/3/14)の終値: 21,548円
トレンド:上昇

前日終値からは252円安でした。 米株価の流れにつられるだけの情けない流れですねw 引き続き、テクニカル的には下は21,100円あたりが強いサポートになってくるはずです(アメリカ次第ですがw)。

NYダウ

前日(2018/3/14)の終値: $24760.29
トレンド:上昇

前日からは約247ポイントの下落でした。 関税問題が色んな形で何度も蒸し返してきてそれが株価に影響を与えているように報道されている感じですが、一方でテクニカル的には何気に参画保ち合いが形成されつつあります。 この保ち合いが崩れたら大相場が期待できるので、そのチャンスまで待つのが吉かと思います。 今はどちらに行くか分かりませんが、どちらに振れるにせよ、その時に為替(円の行方)も方向感が定まるかもしれませんね。

英FTSE100

前日(2018/3/14)の終値: 7132.69
トレンド:上昇

前日からは約6ポイントの下落でした。 NYダウと同様にこちらも昨夜に一時的な下落があったので、昨日の記事で書いたとおり、買いポジションを追加しました。この辺りは下値サポートになるので、いったんは下支えされる想定を維持します。

まとめ

対円は引き続き方向感のはっきりしない動きが続き、ユーロドルは戻り売りしやすい状況が続いていると見ています。 ただ、この先しばらくの間は為替よりもNYダウに要注目かなと思います。

米ドル円:一時的にレンジを超えることがあれば逆張り
ユーロ円:一時的にレンジを超えることがあれば逆張り
ユーロドル:戻り売り
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:買い

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

2017年12月から「本日のFX」の投稿を続けていますが、分散投資を目的に今月末〜来月始め頃からCFDを始める予定で、その売買をするために株価指数の予想(日経225、NYダウ、英FTSE100)も投稿していきたいと思います。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)