本日のFX/株価指数(2018/3/23)

前日終値(USD/JPY:ドル円、EUR/JPY:ユーロ円、ユーロドル:UER/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 前々日のFOMCは大きな波乱なく終わりましたが、次は米中問題です。 貿易問題が解消しない限り「株安」「円高」がエンドレスなのですが、トランプはどう落としどころを作るつもりなのでしょうかね?

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/3/22)の結果

2018/3/23終値:105.27
トレンド:円安

前日終値からは74pipsの円高でした。 深夜帯には米中貿易問題の懸念からNYダウが大幅下落した影響で円高に動きました。 株価に比べると円高の動きは限定的でしたが、短期レンジの下値をブレイクして目標(105.30あたり)を既に到達しています。

今後の動き

引き続き株価下落リスクが残っているので方向をあえて書くなら円高方向になりますが、少しの間様子を見たいです。 株安の影響でもう少し円高に振れる事は想定する必要がありますが、米ドル円に関してはひたすら一方的に円高が進み続けているため、円高方向のパワーは相当弱く感じます。

ユーロ円(EUR/JPY)

前日(2018/3/22)の結果

2018/3/22終値:129.52
トレンド:-

前日終値からは133pippsの円高でした。 米中貿易問題の影響でユーロ円も円高が進み、今回は下値をブレイクしました。

今後の動き

テクニカル的には129.1あたりが下落目標になります。 前日は大きく下げましたが、ユーロ円に関しては反発狙いはあまりベターではないように思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/3/22)の結果

2018/3/22終値:1.2299
トレンド:ユーロ安

前日終値からは39pipsのユーロ安でした。 他の対円通貨ペアと違い、こちらはあまり米中貿易問題の影響は大きくなかったように見えます。

今後の動き

1.224~1.233あたりの短期レンジの真ん中あたりです。 チャンスがあれば、レンジ内での押し目買い/戻り売りを行いたいと思います。

日経225

前日(2018/3/22)の終値: 20,685円
トレンド:下落

前日終値からは438円安でした。 21,000円あたりの壁を簡単に下抜けしましたので、テクニカル的にはさらなる下落が想定されます。 取引するなら勇気を出して売りの一手で、ナンピン(買い)はご法度ですね。

NYダウ

前日(2018/3/22)の終値: $23959.51
トレンド:下落

前日からは約723ポイントの下落でした。 米中問題の影響で今月一番の下げになりました。 トランプ、なかなかイカレてますよねw 短期目線ではあまりにも売られ過ぎなので一時的に大きな反発があることは想定したいところですが・・・ いずれにせよ、貿易問題の出口が見えない限り株式市場は戻ってこないので、それまで様子見に徹するか売りを仕掛けるかの二択になってくるかと考えます。

英FTSE100

前日(2018/3/22)の終値: 6952.59
トレンド:下落

前日からは約86ポイントの下落でした。 こちらは昨日の記事で「引き続き、テクニカル的には7100のサポートをブレイクしましたので下落の加速が懸念され、6900あたりが目標、控えめにみて6960あたりが計算上はターゲットになってきます」と書きましたが、早くも最初のターゲットに到達しました。 引き続き6900あたりを目指す動きを想定します。

まとめ

前々日のFOMCは大きな波乱なく終わりましたが、次は米中問題です。 貿易問題が解消しない限り「株安」「円高」がエンドレスなのですが、トランプはどう落としどころを作るつもりなのでしょうかね? 目先の動きはテクニカルでは読めず、難しいです。 取引するなら目先の損得に一喜一憂せず、数日~数週間スパンでの結果狙いにのぞんだ方が良い(株は売る、円は買うとシンプルにw)かと思います。

米ドル円:様子見
ユーロ円:売り(or様子見)
ユーロドル:様子見
日経225:売り
NYダウ:売り
英FTSE100:売り

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

2017年12月から「本日のFX」の投稿を続けていますが、分散投資を目的に今月末〜来月始め頃からCFDを始める予定で、その売買をするために株価指数の予想(日経225、NYダウ、英FTSE100)も投稿していきたいと思います。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)