本日のFX/株価指数(2018/3/28)

前日終値(USD/JPY:ドル円、EUR/JPY:ユーロ円、ユーロドル:UER/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 昨日は、前日記事のとおり日経225が配当狙いの上昇が見られ、NYダウは再び大幅下落に終わりました。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/3/27)の結果

2018/3/27終値:105.34
トレンド:-

前日終値からは4pipsの円高でした。 やはりある程度株価に連動した動きですが、(下方向も固いですが)上方向も動きが重いですね。

今後の動き

スタンスは昨日と変わりません。引き続き株価次第の展開になると思いますが、レンジは104.7~106.5あたりになります。  再び株価が下落した場合の底値は103円台を想定しておきたいです。

ユーロ円(EUR/JPY)

前日(2018/3/27)の結果

2018/3/27終値:130.61
トレンド:-

前日終値からは58pippsの円高でした。 先週末に一気にユーロ高に進んだので、昨日はひと休みの調整と見ます。

今後の動き

スタンスは変わらず、132円台後半目標のユーロ高を想定します(少し期間はかかるかと思いますが)。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/3/27)の結果

2018/3/27終値:1.2400
トレンド:ユーロ高

前日終値からは47pipsのユーロ安で、先週のユーロ高目標レートあたりに落ち着きました。 昨日の記事に書いたとおり、目標到達後の反落と見ます。

今後の動き

次の展開が見えてくるまでは様子見が吉かと思いますが、取引するなら1.230近辺での押し目買い・1.244近辺での戻り売りは考えても良いかもしれません(思惑通りにいかなかった時に損切りしやすいので)。

日経225

前日(2018/3/27)の終値: 20,753円
トレンド:下落

前日終値からは230円高でした。 昨日の記事のとおり配当狙いの買いの影響かと想定しています。 私はすでに売りポジションがあったので追加はできませんでしたが、昨日戻り売りを仕掛けられた方は美味しかったかと思います。 昨日は佐川氏の証人喚問がありましたが、個人的には経済への影響的に最も無難な内容だったように思いました(特に政治家の関与は一切ないというくだり)。 野党の答弁は相変わらずヘタだし(しかも自分アピール丸出しで気持ち悪いw)、そもそも時間と税金の無駄遣いに思います。
基本的なスタンスは下落方向で変更ありません。 下落のメドですが、20,000円を切ったところ(絶対金額的にキリが良い)と19,000あたりが壁になってきます。 また、値ごろ感から(トランプバブルに乗り損ねた)投資家の買いが入ってくる事が想定されるのでもし19,000円に入ってくる事があれば買いを考えたいと思いますが、目先は少なくとも20,000円までは想定できそうなので売りでついていきたいと思います。

NYダウ

前日(2018/3/27)の終値: $23858.47
トレンド:下落

前日からは約344ポイントの下落でした。 ハイテク系の売りが影響している等と書かれていますが、個人的には単なる理由の後付けだと思っています。 スタンスは代わらず、今は三角持ち合いを下方向にブレイクした状況になっていますので、テクニカル的にはかなり大胆な数値になりますが・・・中期的には2万2千ポイント台までの下落を想定します。

英FTSE100

前日(2018/3/27)の終値: 6999.88
トレンド:下落

前日からは約111ポイントの上昇でしたが、引き続き6800あたりを目指す動きの想定を維持します。

まとめ

昨日は、前日記事のとおり日経225が配当狙いの上昇が見られ、NYダウは再び大幅下落に終わりました。 貿易戦争リスクについては水面下で交渉しているなど火消しの情報も目にはしますが、表向きにはリスク解決の糸口がない状況に変わりはなく、NYダウに至ってはテクニカル的にも三角持ち合い崩れによる大幅下落の想定がチャート上で出ているので、株価は引き続き下落想定を維持します。 FXに関しては、米ドル円は上も下も重いですが、底が見えてきているので中期目線で見れば押し目買いを検討しても良いように思います。 ユーロ円は上昇予想を維持します。

米ドル円:様子見
ユーロ円:様子見(or 買い)
ユーロドル:様子見
日経225:売り
NYダウ:売り
英FTSE100:売り

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)