本日のFX/株価指数(2018/4/5)

前日終値(USD/JPY:ドル円、EUR/JPY:ユーロ円、ユーロドル:UER/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 引き続き、株価は右往左往が続いています。 為替も多少引っ張られていますが比較的穏やかで円安傾向の1日でした。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/4/4)の結果

2018/4/4終値:106.76
トレンド:円安

前日終値からは17pipsの円安でした。 夜には106.0円まで円高が進みましたが。結果的にはここが絶好の押し目買いのタイミングになりましたね。 最近の記事で書いてきたとおりの動きになってくれています。

今後の動き

引き続きスタンスは変わらず、円安方向を想定します。 目先は106.8あたりで足踏みがあるかもしれませんが、そこを超えれば次の目標は107.5あたりになってきます。

ユーロ円(EUR/JPY)

前日(2018/4/4)の結果

2018/4/4終値:131.08
トレンド:円安

前日終値からは31pipsの円安でした。 引き続き131.4~130.2の短期レンジ内にいます。

今後の動き

まだ現時点はどちらに動くか判断できない状況ですね。 短期レンジの上下どちらをブレイクするか様子見が吉かなと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/4/4)の結果

2018/4/4終値:1.2276
トレンド:-

前日終値からは10pipsのユーロ高でした。 引き続き方向感がはっきりしない1日でした。

今後の動き

現在は短期目標がなくなった状況で、レンジも210pipsほど(1.244~1.224あたり)と幅が広いので、次の方向が見えてくるまでは様子見です。

日経225

前日(2018/4/4)の終値: 21,535円
トレンド:株高

前日終値からは215円の株高になりました。 一時的に前日から350円安くらいまで進みましたが、海外時間に大きく買い戻される流れで終わりました。 貿易摩擦の懸念増大→懸念減少が要因のようなのですが、この右往左往ぶりは何なんでしょうかね。 ひとつ影響として考えられるのは日銀のETF買い付けですね。 3月はこれまでの月間記録を上回る買い付け(ブルームバーグの集計によると総額8333億円)を行ったとのことですが、国内株価の下値を支えている要因としては十分考えてよいと思います。 ともあれ、一般人は右往左往についていくことは不可能なので、引き続き値ごろ感から買いが入りやすくなると思われる21,000円近辺での押し目買いに便乗するのが一番分が良いように思います。

NYダウ

前日(2018/4/4)の終値: 24,264.73
トレンド:下落

昨日終値からは約231ポイントの上昇で、4/2の下落を取り戻しきりました。 ジェットコースターのような上下でついていけないですね(汗)。 引き続き、テクニカル的には三角持ち合いを下方向にブレイクした状況になっていますので、かなり大胆な数値になりますが中期的には引き続き2万2千ポイント台までの下落想定を維持します。

英FTSE100

前日(2018/4/4)の終値: 7034.01
トレンド:-

昨日終値からは休場明けでしたが約4ポイントの上昇でした。 引き続き6800あたりを目指す動きの想定を維持しますが、様子見します。 日経225やNYダウと比べて動きが穏やかで、長期投資向きな感じですよね。 NYダウの動きが落ち着いてきたら買い増したいです。

まとめ

引き続き、株価は右往左往が続いています。 為替も多少引っ張られていますが比較的穏やかで円安傾向の1日でした。 株価の上下に後付けで繰り返される(特に、株安になると条件反射のようにすぐ「貿易戦争リスク」と騒ぐ)報道には飽き飽きしますw 報道は無責任・お気楽で羨ましいですよねw もう少しくらい質の高い、マシな報道をしてほしいものです・・・ ともあれ、上げたい動きと下げたい動きのせめぎ合いがしばらく続いていて、その日その日で上下どちらに動くか全く読めない状況のなか、中期的な動きは下落を想定したいところではありますが、長期的(最終的)には上昇になることを考えると売りポジションを持つのは勇気と忍耐力が求められるので難しいです。 ということを踏まえると、やはり今は無理して株価指数への短期トレードに加わるのは得策ではないと思います。 引き続き目先、注力するなら米ドル円(円安方向)かなと思います。

米ドル円:買い
ユーロ円:買い
ユーロドル:様子見(or 買い)
日経225:様子見
NYダウ:様子見(中期的には売り)
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)