本日のFX/株価指数(2018/6/1)

おはようございます とるいっち(アラフィフ自由人)です。
前日終値(米ドル円:USD/JPY、ユーロドル:EUR/USD、日経225、NYダウ、英FTSE100)と今後の見通しを予想します。 為替は終値では大きな動きがなく、株価は規則性のない上下が続き読めない状況が続いているように思います。

米ドル円(USD/JPY)

前日(2018/5/31)の結果

2018/5/31終値:108.79
トレンド:円高

前日終値からは9pipsの円高でした。 昨日は、ロンドン時間に入って円安が進みましたが109.0で反発、今度は円安が進んだものの108.4あたりで反転、結局始値とほぼ同じところで終わりました。

今後の動き

引き続き、107円台後半(107.8~107.9あたり)を目指す円高トレンド想定を維持します(逆に、終値で109.6台に入ると今回の円高はダマシになるとの判断も変わらず)。 本日ですが、昨日の高値/安値を意識しつつ基本は戻り売りを狙っていきたいと思います。

ユーロドル(EUR/USD)

前日(2018/5/31)の結果

2018/5/31終値:1.1692
トレンド:ユーロ安

前日終値からは28pipsのユーロ高でした。 昨日ですが、昨日記事に書いた通り(下落トレンド維持の上限は1.172あたりになります)、1.172ドンピシャで上げ止まり反発しました。 とはいえ、下落も弱く1.17近くまで再び上げて終わりました。 前々日にも増してニュースでイタリア政局不安の報道が増えたように思います。

今後の動き

引き続き、目標(1.148あたり)に向けた下落を想定し、下落トレンド維持の上限が1.172あたりになる想定も変わりなしです。 ユーロ不安が忘れられるまで、「下げては上げ、上げては下げ」が繰り返される」かもしれません(ユーロ不安の記事がなくなり相場のパワーが溜まったところで再び強い下落が再開)。 目先ですが、基本は1.172あたりでの戻り売りが最も分が良いトレードになるのではないかと思います(浅いところに損切りポイントを設定できるので)。 戻り売りの際の下値ですが、昨日安値(1.164~1.166)あたりで一部利確し、残りでさらなる下落を期待して保持してみる方法がベストではないかと考えます。

日経225

前日(2018/5/31)の終値: 22,099円
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

前日終値からは137円の株安でした。 最近の記事では「動きが読みづらい」と書いてきましたが、その通り動きが全く読めないです(テクニカル的にもエントリー/エグジットのポイントが見えてこない)。 私の実力では読めないだけかもしれませんが(汗)。 このような状況でのトレードは「丁半博打」にしかならず分が良いトレードができないので、個人的には様子見するしかないですね。

NYダウ

前日(2018/5/31)の終値: 24,424 24,670
トレンド:株高
※レートはGMOクリック証券のデータ参照

昨日終値からは約246ポイントの下落でした。 日経225と同様、動きが全く読めないです。 引き続き、日足・週足で見ると大きな株高トレンドは変わってないように見えますが、こちらも当面は様子見が吉かと思います。

英FTSE100

前日(2018/5/31)の終値: 7673.5
トレンド:-

先週終値からは約27ポイントの下落でした。 相変わらず落ち着きのある動きですね。

まとめ

為替は、終値ベースでは大きな動きのない一日でした。 日中の動きでは、米ドル円・ユーロドルともレジスタンスが機能しているような印象で、大きな流れは「米ドル円:円高・ユーロドル:ユーロ安」に変更ないと見ていますので、昨日以上に戻り売りがやりやすい状況かと考えます。 株価は、大きな動きは上昇継続と見ていますが、短期的な動きは全く読めないので、様子見を続けたいと思います。

米ドル円:売り(戻り売り)
ユーロドル:売り(戻り売り)
日経225:様子見
NYダウ:様子見
英FTSE100:様子見

※管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨日、アイネット証券からキャンペーン賞品のドリームジャンボ宝くじ(10枚)が届きました。
こちらの記事では、これからFXを始めてみたい初心者の方を対象に、FXの基礎を解説してみたいと思います。 急がず、上から順に読んで話の流れを追っていけば、最低限、FXを始めるうえで「分からなくて困った」とならずにすむような記事を目指しています。
私がここ7年、安定収益を上げているFXの「リピート注文」について、自分なりにできるだけ分かりやすく紹介してみました。
2018年2月の取引結果をまとめました。 損益は、月トータルで1,293pipsで、前月比では+981pipsとなりました。 損益の内訳と2月相場結果、3月相場の見通しについてまとめてみます。
2017年のFX結果です。 2017年は、USD/JPYをM2J社のトラリピ(トラップ・リピート・イフダンの略)で運用を行いました。
応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)