インヴァストカード運用状況を公開します(2018/6/10時点)

こちらの記事「クレジットカード利用で自動投資?」「インヴァストカードが到着、10年でいくら貯まりそう?」で紹介したインヴァストカードですが、利用開始してから約4カ月たちました。 現在どのような状況なのか公開したいと思います。

インヴァストカードとは?

過去記事で紹介済みですが簡単に紹介すると、

  • インヴァスト証券(ジャックスカード)が発行するクレジットカード
  • カード利用金額の1%がインヴァスト証券の口座に現金でキャッシュバック自動積立
  • 自動積立されたお金で自動資産運用

というユニークな特徴を持ったクレジットカードです。

クレジットカードのポイントって、使うのを忘れて失効させてしまったり、失効直前に無理やり賞品に交換してしまったり、ちょっとした支払で何となく使ってしまったりと、有意義な活用ができていないことが少なくないのではないでしょうか。

インヴァストカードの良いところは、

  • 1円単位で現金還元されるので、ポイントが失効するということがない
  • 利用期限がないので無理やり使う必要がない
  • 「積立ながら資産運用」を始めてみると、形になってお金が貯まっていくのを見るのが楽しみになる

というような点が挙げられると思います。

順調に資産増加中

前置きはここまでにして(汗)、今年(2018年)の2月から私が利用開始してから約4カ月が経ちましたが、現在の状況を公開します。

0円からスタートし、自分からの入金は1円もせずキャッシュバックのみで約4,500円になりました。 その内訳ですが、

  • 新規発行プレゼント:1,000円
  • カード利用分の還元(2、3、4月の3カ月分):3,220円
  • トライオートFX(FXリピート注文)キャッシュバック:256円
  • 自動投資の収益:+28円

となっています。 おおむね想定通りで順調ですね。 自動投資の収益金額が小さいですが、買い付け規模が非常に小さく、かなり安全運用しているためのようです。 まだまだこれからですね。

資産運用は少しでも早く始めた方が複利が活きる!

もっと残高が増えてくれば自動投資の収益も増えてくることが期待できるようになり、収益分での自動再投資と収益が積み重なれば複利の効果が活きてきて口座残高増の加速が期待できるようになってきます。 ただし複利の効果を得るには「時間」が必要で、始めるなら一日でも早い方が良いです。 最近は株式相場がかなり盛り返してきましたが、貿易問題や北朝鮮問題などリスク要因はまだ残っていて株価を下げる恐れはあり、投資の観点からは一時的な下げはある意味チャンスにもなりえます。 日本株に関しては東京オリンピックに向けて上昇余地も考えられるので、そういう点からも早めのスタートをおすすめしたいと個人的には思っています。

まとめ

ここまで読んでいただいて有難うございます。 まだ利用開始してから3カ月分しか経過していませんが、状況は順調です。 現状、貿易問題や北朝鮮問題などリスク材料が多いので自動運用は安全重視のものを選んでいますが、米中間選挙近くまでにリスク要因が減ってくれば積極運用タイプへの変更を考えています。 また何かしら進展があれば記事にしていきたいと思います。

  • 「インヴァストカード」とは、クレジットカードを利用するだけで利用金額の1%が現金でインヴァスト証券の口座にキャッシュバックされ、その現金が自動で資産運用される特徴を持つクレジットカード
  • 2018年2月から利用を開始し、約3カ月で積立残高約4,500円
  • 長く運用して残高が増えてくるほど、複利の効果で残高増の加速が期待できる

※記載内容には誤りがある場合がありますので、申し込みの際は必ずインヴァスト証券のサイトで正確な情報のご確認をお願い致します。 管理人は、このサイトに投稿した内容についていかなる責任も負いかねます。 投資は自己責任でお願い致します。

こちらの記事も合わせてどうぞ

クレジットカードの利用ポイントが自動で積立投資されるという斬新な仕組みを紹介します。
「クレカを使うだけ、元手ゼロでほったらかし投資ができる」インヴァストカードが手元に届きました。10年たつと元手ゼロからいくらになりそうなのか、シミュレーションしました。
「クレカ払いをしていくだけで、元手ゼロの自動資産運用ができる」が特徴のインヴァストカードですが、新たに申し込んで使い初めるにあたり、最大8,500円のプレゼント特典が用意されています。この記事ではその攻略法を紹介します。

応援クリック

気に入っていただけましたら是非、応援クリックをお願い致します!
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)